2010年02月17日

何でも出来ることは自分でする:イングリッシュビタミンの春の留学事前準備レポート ESTA 渡米前事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)登録終了!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

東京地方は明日は雪になるそうですー
私の住むさいたま市浦和区でもとっても寒く
現在2度。

さて、今日は昨晩終了したESTA(事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)のお話です。

2009年度1月からアメリカ合衆国へ入国する際には
ビザ免除国の日本も事前にオンラインで入国する旨を
伝えることが義務化されました。

よって今回春休み短期留学に参加する生徒さんもその登録を
昨夜しました。

どのように行ったかというとスカイプを使いました。

1スカイプ画面.jpg

@私が参加するお二人(一人は北海道から、もう一人は横浜から)
をスカイプ上でコンファレンスコールの機能を使いつなげ
一緒にESTAの画面を見ながら生徒さん本人が登録を行いました。

A登録中は質問が出たりもしました。

例えば

現在の居住国の下に

電話番号という項目があって
その下には以下の項目があります。

国番号
番号

横浜から参加のS君は「国番号ってなんですか?」
と質問。

「国番号とは国際電話をする際に割り当てられている
各国の番号なの。」と解説をする私。

他にも渡航情報という項目があって

搭乗する都市、という質問がありました。

「これはNARITAでお願いします。」と言う私。

つまりこれはどこから飛行機に乗るかという質問。

すべての日本国民が日本からアメリカに飛ぶとは限らないので
こういう質問もある。

面白かった質問は、

「あれ、これ日本語で記入しちゃいけないのですか???」

この気持ちとっても良く分かる。

だって申請者情報を書く欄の真上にはこう書いてある。

すべての回答を英語(ローマ字)で入力してください。必須項目は、赤の星印が付いています。 *.

1ローマ字記入.jpg


それでもこの申請者情報の質問事項はすべて

日本語表記されている!


「誰だって混乱するわよー」と私。(本気の私。だって私はいつも英語版しかみないからこういった混乱状態にはならないから。)

少し落ち込むS君。

北海道から参加のKさんは高2。

とっても頭が良い子で日本語を読むのが早し理解も早い。

彼女は全体を通してパアパアと申請を終了。

すばらしい!

B午後8時に開始したスカイプでのESTA登録は40分後の8時40分に終了。

ESTAに興味のあるかたはこちらをご覧下さいー

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_c630BA054-919E-4DD3-E7C9-1AE43715FEFB_k15EE3AA5-B921-F914-D2C8-B4547052EDE2

2010年02月14日

英語が出てこない!そんなかたには完全なる日米バイリンガル講師のクリス先生をお薦めします。

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日は今すぐ英語を学ばなければいけないそんなビジネスマンやアメリカ大学・大学院進学希望のあなたにお薦めの担当講師を紹介させて下さい。

★あなたが伝えたい細かなニュアンスや気持ち(日本語で)を的確な英語表現に変換してくれる力を持つのがこの先生です。

★英語でのビジネス慣習を日本語で細かく説明してくれます。

★日本企業&外資系でのビジネスを理解しています。


彼の名はクリストファー ギブソン。
完全な日本語と英語を話すバイリンガルです。
アメリカ生まれの日本育ちです。
小学校二年生までは日本の学校で過ごし
その後はインターナショナルスクールで学びました。
その後はアメリカ東部の名門、イェール大学(英語: Yale University)で政治学と哲学をダブル専攻してきました。
現在は4年生で東京ベースで生活をしています。

彼は大手外資系金融会社や外務省の外郭団体でのインターン経験
もあります。

講師としての力は物凄い力を持っています。
生徒さんの内面を理解しまた一人ひとりの良さを引き出すことが
大変上手な先生です。

レッスン後は丁寧なレッスンノートを出すことでも生徒さんから
大きな支持を得ています。

例えば、これは先週のレッスンのノートです。



Essay on Japanese Education


Essay or Presentation Format
(エッセイやプレゼンの形式)

1. Say what you’re going to say.
2. Say it.
3. Say what you’ve said.


1. General (一般論)
2. Specific(具体例)
3. General (一般論)


Introduction- Thesis statement (序論)

Body I- Current situation. (現状)

Body II- Argument (こうするべきだ)
だめな部分だけじゃなくて、こうするべきだというポジティブ

Conclusion (結論)
Wider meaning of the thesis given Body I and Body II.
Body I and Body II をふまえて、序論より広い意味での論文の意義。



Thesis: Japan education should make students think more.
“think more” is good… but what should they think more about? “independent thinking” makes that more obvious.

>> REVISED: Japanese education should encourage independent thinking.

Introduction:

Japanese education should encourage independent thinking. Current education leads to students who are copycats, too uniform, and over-dependent. This must change.

Body I- Current situation
Three keywords, "copycat" "uniform" "dependent" relate this.

Firstly, almost everyone copies other people’s ideas. Instead they should think themselves.

Second, they decide what to do and what to say by other people’s opinions. Instead they should make different opinions because they are different people.

Third, students are dependent on other people too much. For example, their friends and teachers. Instead, they should think by themselves.

Body II- What should they do instead? Why?

Japan should make students think more because they are unique and they should have different opinion.

Why? What are the reasons?
社会になんらかのアイデアを出すとき、みな同じだと、同じアイデアで固まってしまう。

批判がなければ、悪いアイデアもそのまま通ってしまう。

If students are the same, when they think they have an idea, those are the same too.

>>> If students are the same, they come up with the same ideas.

>>> If there is no criticism (批判), bad ideas will be accepted without question.
否応無しに = without question.

社会の情勢が悪いほうへ傾いてしまう。。。日本の学生が批判精神をもたなければ、もっている国に追い越されてしまう。


Japan will be inferior to other countries.
(OR Japan will fall behind other countries.)

EDIT: If Japanese students are not independent thinkers (自立して考える人), , other countries will overtake it.

POINT: Change “inferior” to “fall behind” since we aren’t talking about values. “Inferior” has a strong nuance like one is better morally than the other side.

Fall behind is better since we are talking more about economic growth which is not directly related to morality.

EDIT: Japan may fall behind other countries.

Conclusion:

Japanese education should encourage independent thinking. If it doesn’t do that, Japan may succumb to other countries in many kinds of area.

EDIT:
Japanese education should encourage independent thinking. If it doesn't do that, Japan may fall behind in many kinds of areas including economic growth.

Such as = 例えば

経済成長などで遅れをとってしまう。





追伸:
こちらはシリコンバレー校で人気ナンバー1のエレンが
出すレッスンノートです。
http://www.englishvitamin.com/online/



Nao said: “The view from Space Shuttle from the Earth…”



This should be:



“The view from the space shuttle of the Earth…”



‘space shuttle’ is singular and countable (plural: space shuttles) therefore it needs an article. Use ‘the’ because there was only one space shuttle in space recently (the Discovery).



‘from’ means starting at one point and going to another. ‘the view from the space shuttle…’ therefore is correct. However, we use ‘of’ because ‘the view’ belongs to the Earth! ‘of’ is used to show possession for non-living, non-moving objects.



Nao said: “I like communication to many people.”



This should be:



“I like to communicate with many people.”



When used with a verb, ‘like’ is always followed by ‘to.’



“I like to dance.”

“I like to eat ice cream.”



When used with a noun, ‘to’ is unnecessary.



“I like donuts.”

“I like baseball.”



Nao said: “I will try to challenge the experience to my friends…”



This should be:



“I will try to share the experience with my friends…”



‘share’ is the more appropriate word here. ‘challenge’ is very aggressive, and not something you do to friends. Also, ‘share’ occurs with the preposition ‘with.’



“I shared my ice cream with my sister.”

“The company won’t share any information with the government.”



Nao said: “My listening capability is weak.”



This should be:



“My listening skills are poor.”



In Japanese, we say 弱い for skills and abilities, but in English we do not use that word. Instead we use “good,” “bad,” or similar words.



“My ability to speak Japanese is bad.”

“He has poor typing skills.”

“She is good at speeches.”



Nao said: “My part is TV programs and DVD contents and sales.”



This should be:



“My responsibilities are TV programs and DVD contents and sales.”



When referring to your job in English, you should talk about your responsibilities, not your part or your role.



Nao said: “I am aggressive man, so I tried to go out from airport.”



This should be:



“I am an aggressive man, so I left the airport.”



Both ‘man’ and ‘airport’ are singular countable nouns, so they require articles (either ‘a’ or ‘the’). Because we are talking about one specific airport (San Francisco International Airport) in this conversation, ‘the’ is appropriate for airport. For ‘man,’ ‘a’ is more appropriate because you are talking about the kind of person you are, not a specific man.



‘tried to ’ means you attempted but were unsuccessful. In this case, that is not what you mean. You actually left the airport. Therefore, do not use ‘tried to’ in this sentence.



Nao said: “My ancient is maybe ninja.”



This should be:



“My ancient ancestors are maybe ninja.”



I think you just forgot the word ancestors. Ancestors are your family members who have been dead a long time. You must have more than one ancestor because every person has at least a father and a mother. Therefore ‘ancestors’ is plural in this sentence and we change the verb to match the subject.



It was nice meeting you Nao! Hope this lesson was helpful.
posted by EV staff at 23:52| Comment(4) | From Tokyo

2010年02月10日

Do you love your job?

シリコンバレーに行くならイングリッシュビタミン!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「Do you love your job?」。

このタイトルは今朝働く女性のためのネットワーキングサイト
エクセルにあった記事のものです。
http://excelle.monster.com/benefits/articles/4445-5-reasons-we-love-or-hate-our-jobs

みなさんはどうでしょうか?
現在のご自身のお仕事、どのように感じていますか?

私の経験をこの記事に照らし合わせて少し話してみますね。


1. The Challenge

One hundred percent of the people who loved their jobs, cited the challenge of their work as the single biggest reason they enjoyed what they did. They solved problems and put their skills to good use. No two days were the same: the job provided variety, and they learned something new every day.

>>大変だけれどやりがいがある仕事に従事したい。
これは分かります。

でもですよ、正直なところ私なら
毎日違うことはやりたくない。だって怠け者だから。

実際私はフリーで企業の通訳をしたりしてきましたが
もちろん会社が違えば(同じ会社でも部署が違えば訳す内容は違うのでとっても大変なことなので!)働く人も違うし訳すものも
違う。毎日新しい発見はあったけれどそんなのいらないよーと
なげく日々もたくさんありました。

イングリッシュビタミンを立ち上げたときは多いときには
一日に8名くらいの人と会ってそれぞれの人と全く
違った話をしました。

(弁護士、会計士、新しい生徒さん、コミュニテイリーダの方がたとか、企業の人事担当の人とか)

その時は私ってすご〜いと思ったことも瞬間的にはあったけれど
そんな毎日だったら主婦でもある私は身が持たない。

家も綺麗にしたいし、家族に美味しい食事も作りたい。

みなさんもそう思いませんか?

なんか、アメリカの女の人たち(男も)本当に毎日違うことやりたいのかしらねっていう感じ。

業務上の問題解決を提案しそれが上手く行ったり、自分が成し遂げたことを上司が評価してくれればもちろん嬉しいに決まってますよねー


2. Great Bosses

Almost everyone who loved their job cited their boss as a key factor. But when I delved into this in more detail, it was largely because their boss allowed them to experience the challenge I describe above and recognized them for doing so.

同意します!!

これは本当に大切。 

細かなことを言わずに私に仕事を任せてくれる。
これ一番です。

結局仕事とは、どのようにやるかではなく。
結果を出すことなのですから。

私の人生を変えたボスはオランダのゼロックス社に勤務していた時の上司、フレークです。 ちなみに彼は私より1才年下でした。

私と一緒に働いているオランダ人のおやじが日系の物流会社に理不尽なことを言うから私が立ち上がって「それは違う!」と言ったら
無視をされたことがあった。

その時も怒り奮闘の私はフレークにその問題を持ち込み説明し
その正当性も申し立てたわけ。

で、フレークはこのオヤジに渇!を入れてくれた。

やっぱりフェアな上司は最高です。年令や性別や国籍に関係なく
仕事ぶりや人柄で勝負できる職場が最高!


3. Great Coworkers

Most of the responders who loved their job also cited their coworkers. They felt part of a “team” and believed everyone was marching towards the same goal (although not necessarily always in step). Many recognized their coworkers as talented and caring.

これは間違いない。

いくら仕事ができても性格が悪いやつが働く仲間にいたら
ゲ〜ッだよね。

働きたい人って

@その仕事ができるか。

Aその人と働きたいと思う何かがあるか。

B与えられたチャンスを物にできる人と働きたい。

こう私は思います!


4. Work That Matters

For many, their satisfaction came from doing a job in which they felt they made a difference. They didn’t have to save the world, but they felt they improved it in some way. Helping others and achieving a sense of accomplishment at the end of the day made the hard work worthwhile (even if their time on the job exceeded a typical eight hour workday).

これも言えている。 社会に役に立つ仕事をしたり。

一人ひとりの人生に役に立つ仕事をしてきたという誇り。

私のこの20年間は常に日本人と外国人の間に入っての仕事を
してきた。

日本にいてもアメリカにいてもオランダにいても。

そんな中でも一番感動をしたのはやっぱりイングリッシュビタミンで駐在員家庭の子供たちの教育に関われたこと。

英語、アメリカ文化、日常生活での思いや悩み、日本の大学かアメリカの大学かなどなど。

彼らの人生に深く関われたことをとても幸せに思っています。
アメリカの生活で子供たちの将来はとても変わった。

高校を丸々4年間経験した子達はアメリカの歴史を学ぶ上で法律に興味を持ち将来弁護士になりたいという子が何人もでた。


小学校の低学年の子供たちだと彼らを私の膝の上に乗せて
話を聞かせたりもした。

外にでてボール遊びでの英語や水泳などの競技用の英語も
練習した。

中学校に入るとダンパ(ダンスパーティ)があって喜ぶ子
嘆く子がいたり。

アメリカの学校へ入るので普通の英語の先生を起用するだけでは
駄目なので日本人と結婚しているアメリカ人のお母さんを探し出し
起用したり。 もちろん教養レベルが高く心が優しい人を。

子供たちは英語の音を出すことができなくて(当たり前なのだけれど英語を聞く耳もないし彼らの脳の中に英語を理解する筋肉もないのだから。)ヘレンケラーのような音しかだせなかったり。

でも二年もすればネイティブに近い発音で話せるようになったり。

小学校4年生からたった一年間の滞在なのに物凄く英語ができるようになった子もいた。

子供の学年に合わせチームを編成してバックアップするイングリッシュビタミンの仕事が大好きだった。(今は日本ベースなので今のシリコンバレー校は大人のレッスンが中心なのです。)

生徒さん、親御さん、チームの先生(通常アメリカ人ママ&英語の先生のふたり)、私が一人ひとりの子供に厳しくそして愛情たっぷりに行うレッスン。

子供のいない私にとって子供たちの成長をみる楽しみがあった。

駐在員とご家族のみなさんは言葉&文化が違う国で慣れない生活。

それを支える仕事が大好きだった。

そういえば日本でも私は駐在員の通訳や秘書業務を多くしていたのでいつも誰かのために何かをしてきた。

人に尽くすことが好きなのよね。

みなさんはどんなことが好きですか?


5. Being Employed

It is a statement on the current economic environment that many people responded they loved their jobs because they had one. Having friends and family who had to restart their careers after a layoff made them glad to be working regularly.

これも今のような経済状況なら分かる。
でも私はこう思う。

基本的に仕事は自分で作るもの。
雇われてあるものではない。


Other positive comments included flexibility and work/life balance. What was interesting is that not a single respondent mentioned salary or benefits as the reason for loving their job.

これも大切ですよね。
ワーク・ライフバランス。

今は自分の会社があったり
新しい事業を立ち上げたりしているので
忙しいときは物凄く忙しい。
ず〜っと働いている。

でも一人の時間もとっても大切にしています。

もちろん家族との時間とも。
posted by EV staff at 22:21| Comment(0) | From Tokyo

2010年02月08日

Tokyo Global Society Weekly Report 001/ Feb 5, 2010

先週金曜日にリリースしたWeekly Reportのイントロ部分を紹介しますねー


Hello everyone!

Thanks so much for coming to the Tokyo Global Society meetings this week! It has been a pleasure to have all of you!

「東京グローバルソサエティの意義&明治維新再び」

Tokyo Global is really a completely new idea because we are doing things, not just talking. It is a project-based intercultural organization where foreign and Japanese students can talk to each other and come up with new marketable ideas. Why is this unique? The movement of ideas and products from country to country, from culture to culture- this alone creates value in global markets of today. We will be launching many projects related to education, business, the arts- finding ways to sell "Japan" to the world. Our possibilities are limitless!

In Japan today, I really think we are having a Second Meiji Restoration, as Inoue-san pointed out on Thursday. It is a time for great change, and it is up to us to come up with new ideas that can change Japan. The old system that our parents were under is collapsing and a new era is emerging. But we have to remember that it is ourselves that must help create this new era. We are the ones who decide what Japan's future will be. This is why Tokyo Global is so exciting- we are talking about Japan's future and creating it!

「素晴らしいMade in Japan-たくさんのアイデアをありがとう!!」

In this week's meeting there were many great ideas. (I won't be able to write them all, but I've tried my best!)

-Oka-san has talked about the importance of not just "global", but "international" perspective. Preserving "Japan" while going global. Finding value in "Japan" itself. He also talked about great Japanese poetry that foreigners can appreciate.


興味のある方はこちらまでご連絡下さい!

八巻ルリ子
info@englishvitamin.com
posted by EV staff at 13:27| Comment(0) | Tokyo Global Society

Tokyo Global Society:大学生&留学生が集い学ぶ場所、そして東京生まれのものを世界に営業するプロジェクトグループ

シリコンバレーに行くならイングリッシュビタミン!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

はい、とうとう始まりました。

Tokyo Global Society

ご一緒させて頂いているのは青山プレップスクールの
代表井上さんです。なんどかこのブログでもご紹介しています。

http://www.yukasi-school.jp/

井上さんはとても物静かで忍耐強く才能溢れるかたです。

(でも話し下手で彼と外でランチをしていると彼の声が聞こえませんー(笑み)

彼は日本を愛し、将来の日本を心配している一人でもあります。

このグループを通して明治維新を再び起こしたいと考えている方なんです!!

現在は約10名程の大学生がこのTokyo Global Societyに参加しています。

イェール大学のクリスをチームリーダとし
上智大学への留学生、東京理科大生と東京大学生が
参加しています。

参加者は皆さんとっても純粋で人柄も良く、能力的にも
そして志も高い人々です。

(ちょっと残念なのは女子学生の参加率が殆どないこと。
これを見た女子学生で興味のある人は今すぐ連絡下さい!)


定例会の使用言語は80%が日本語で20%が英語です。
週末発行するウイークリーレポートは英語です。


☆ただ英会話を学ぶのではない。

☆何か自分たちの力で実際に動き成功報酬型の
プロジェクトを起こす。

☆日本特有の何かを追求する文化を世界に売りたい。

☆東京発の極上商品を世界に売る。

☆新しい枠組みを自分たちで作る。


2010年2月2日
青山プレップスクール3FにてTokyo Global Societyは
スタートしました。

毎週火曜日、木曜日の午前10時〜午後1時まで定例会を
しています。

興味のある方はご連絡下さい!

八巻ルリ子
info@englishvitamin.com



追伸:
私はというと明治維新なんて考えたことはなかったのですが
井上さんと同様日本を愛し、将来の日本をとても心配している一人です。 だって2010年になっても日本企業や日本人の大多数がいまだに島国企業であり、島国だけで生きたい国民たちなのであります。今は有名企業やビジネスコンサルタント会社でなくとも良いアイデアがあればそれを世界に売ることが可能なのですから。 そんなことをこのTokyo Global Societyを通して可能にしたいのです。

日本人は優秀なので一度誰かがお手本を見せることができれば
その先に行くのは案外簡単なのだと思うのです。

みなさんもそう思いませんか?






posted by EV staff at 13:19| Comment(0) | Tokyo Global Society

2010年02月05日

イングリッシュビタミンの春休み留学 渡米前英語&異文化研修はリラックスした中でも超アカデミックな内容ですー事前個別対応研修レポートA

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日は2月4日(木)午後2時〜5時に行なわれた
事前研修の模様をお伝えします。

う〜ん。きのうは凄かった。

参加者は高校一年生の男子生徒でした。

プレゼン(英語)のトレーニングしたのですがそのパターンの
飲み込みの早さには驚きました。 

数時間でこんなに伸びるなんて本当に驚きました。

ただ暗記しているのではなく流れを感じ取って覚えていたのです。
感心していました。

ちょうど彼の学校では今英語のクラスで
「thesis statement(主題文)」
を勉強中だそうで彼はこの特別研修を受けながらとっても
上機嫌でした。

その心はやっぱりクラスの中でだれよりも自分がこの「thesis statement(主題文)」を理解しちゃっているんだという先乗り感とでも言うものなのでしょうか。

学校では習っていてもそのコンセプト的なものをつかめても
実際に細かなところまで自分で英文のエッセイを書いたりプレゼン資料を準備したりするところまでは学校では習えないわけなので。

先生の話を一方的に聞いているのとは大きな違い。
なんといっても実際に英文のエッセイを書いたり、
プレゼンの準備をしているわけなので。
そしてアメリカに行ったら実際にそれをアメリカ人の高校生の
前で発表するわけですので。
参加者は少し苦しみながらそして成長しながらそのプロセスを楽しんでいるのですから


ちなみに「thesis statement(主題文)」とは
エッセイの中ではまずトピックに対しての簡単なイントロ(導入部分)を書きます。その後トピックに対してのあなたの意見や考えを一文で述べるのです。この一文を「thesis statement(主題文)」と言うのです。エッセイの中であなたが主張し議論する全てがこの「thesis statement(主題文)」に集約されます。

ですのでこの「thesis statement(主題文)」ってとっても大切なのです。

thesis statement3.1.jpg

Japanese education should make students think more.

高校一年生のS君が決めた「thesis statement(主題文)」は
日本の教育制度について。
彼は今の日本の教育が自分では何も考えることができない
人材を作っていると心配している。


now and should3.2.jpg

NOW
SHOULDで考えてみよう!

担当講師のクリス先生が今の学校の状況を描写して
そして将来はどうしたらいいのかをshouldを使って描くと
いいよ、とアドバイス。その時に大切なのはネガティブな書き方ではなくてポジティブなアドバイス的に書くと未来が切り開けそうで好感がもてるよね、ともう一言。


Chris teaching 2.1.jpg

担当講師のクリス先生
完全な日本語・英語のバイリンガル
アメリカ東部アイビーリーグ
イェール大学(英語: Yale University)4年生
政治学・哲学ダブル専攻

●日本語で細かなことろまで説明してくれるので生徒さんたち
はとてもリラックスして学べるのです。

●日本語もネイティブなので生徒さんたちが言いたいことや
質問に対して明確に答えることができるので皆安心して楽しく
学べるのです。

●クリスはとても優しく生徒さんたちの内面のやる気を引き出すことができるのです。


イングリッシュビタミンの
春休み短期留学 アメリカ高校生&ホームステイ体験には

他では体験できないたくさんの魅力が詰まっています!

こんなに親身になって手間暇かけて一人ひとりの参加者の
20年後を考えて指導してくれる留学なんてありますか?

留学の前に二ヶ月もかけて留学準備のみならず生きたアカデミックな英語をここまで教えてくれるところがありますか?

今ならまだあと2名参加できます。
研修はまだ始まったばかりです。

2010年春休み短期留学 10日間の旅
「アメリカ高校生&ホームステイ体験」
参加費用319、000円ー 定員:6名
全行程日米バイリンガル添乗員付

お問い合わせはこちらです。

電話:048-824-6552(イングリッシュビタミン浦和オフィス)
info@englishvitamin.com
八巻(やまき)までお気軽にお問い合わせ下さい!!


「アメリカ高校生&ホームステイ体験」の特徴:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/

旅行概要:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/detail.html


旅行日程:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/schedule.html


2010年02月01日

渡米前研修レポート@ 2010年春休み短期留学 アメリカ高校生&ホームステイ体験 参加者あと2名募集中です!

みなさん、こんにちは!

私の住む浦和区ではみぞれが降っています。

みなさんの住む街ではどうでしょうか?

さて、1月30日、31日と2010年春休み留学の個別研修がスタートしました!

今日は担当講師のクリス先生をご紹介します。

クリスは日本語と英語を完璧に使いこなす日米のダブル。
普通はハーフといいますが彼は完全なる日本人として100%、
アメリカ人として100%なのでダブルなのです。

文化面でも英語を話すときにはアメリカ文化に自然に変わり
日本語を話しているときは日本人になります。

クリスは芯が強く、心がやさしく、細かなところまで気配りが出来るひとです。人間的にも参加者が尊敬できる講師です。年令的にも高校生であるみなさんに近く今週末の研修でも参加者ともほのぼのとした雰囲気のなか英語やアメリカ文化を学ぶことができました。 クリスに任せておけば安心です。

クリスはアメリカの東部にあるイェール大学(英語: Yale University)の4年生。専攻は哲学と政治学。チェロも弾く音楽家で芸術肌の人。 現在1年間の休学中です。

今週末の事前研修の中で一番私が心に残ったのはクリスや私が
参加する高校生のみなさんにこう話したときのこと。

日本では未だラベル(どこの大学を出たとか、どこの会社に勤めているとか)を気にして生きているけれどそんなこと意味がないのよ。

10年前は大企業に入るために一流校を目指したけれど今は大企業に入社できたとしてもその企業が潰れる可能性も高い。

日本株式会社は終わっているし。

どんな大学を出たなんてあまり意味がないこと。

出身校ではなく自分がどんな人間なのか。
自分にはどんなスキルがあるのか。
自分はどこを目指して生きているのか。
一対一で人とつながる人間性があるのか。
学歴や会社名ではなく「人として魅力的な人間になる」ことが
大切だと話し合いました。

どこの大学に入るとか、小手先でテストの得点を上げる方法なんて
学んでも仕方がないのです。 それどころすぐに次の小手先を
教えて欲しくなるのだと思うのでその子にとってはマイナスです。
だって自分で考えないと!

私たちが20年後の彼らの将来を考えて話していることを伝えました。

参加者はみな興味を持って聞いていました。

参加者の一人S君は日本では超有名私立高に通っています。

そんな彼にクリスがこう言いました。

K高校って行ってもそんなの日本でしか通用しないのだよ。
人として魅力的な人物になることが大切なの。

これからは日本企業、外国企業関係なしに生きて行かなくては
いけない。

グローバルで動く時代にはグローバルに対応できる人が
日本だけの出身校ではなく競争もグロバールレベルに広がる。

クリスはこれからの日本の若い高校生にとってとても良い存在に
なる人です。

私より参加者の高校生がクリスに夢中なのです。先生がすてきだと
生徒は学ぶのです。そして自分から相手に英語で話したくなるのですよ。

研修でよかったこと:Most wondeful thing in study was knowing each other. It makes me more relax. Also I can learn about America little. Go to Hrajuku, Omotesando was good experience too.

クリスについて  :He was cool and friendly and・・he is good at everything! I think his fault is nowhere.



さあ、まだ間に合います。

2010年春休み短期留学 10日間の旅
「アメリカ高校生&ホームステイ体験」のお問い合わせは
こちらです。

電話:048-824-6552(イングリッシュビタミン浦和オフィス)
info@englishvitamin.com
八巻(やまき)までお気軽にお問い合わせ下さい!!
留守の場合はお名前とお電話番号をお残し下さい。
すぐに折り返しお掛けします。


「アメリカ高校生&ホームステイ体験」の特徴:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/

旅行概要:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/detail.html


旅行日程:
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/schedule.html

2010年01月21日

凄い時代に生きている

シリコンバレーに行くならイングリッシュビタミン!!

みなさん、こんにちは!

今週はとても暖かくて春が来たような陽気ですが
皆さんはお元気ですか?

今日のトピックは「凄い時代に生きている」です。

何が凄い方というと人と人が直接繋がれる時代に生きて
いるということです。

もちろんビジネスも、です!

インターネット時代に生きているので当たり前のような
のですが私たちは現在時代の転換期に生きているわけで
過去の社会の仕組みの中だけ、つまり固定観念を持って
生きている程損をする時代なのだと最近またまた痛感しています。


きのう

青山プレップスクール
http://www.yukasi-school.jp/

の代表井上さんと会って話している時に
「凄い時代に生きているよね」と盛り上がりました。

井上さんや私のような個人企業主でも大企業と対等に張り合える
時代なのですから。

例えばイングリッシュビタミンでは今年初めて春の短期留学プログラムを開催します。

日本の高校生をシリコンバレーにある名門プレップスクールであるメンロースクーメインの宿泊先はメンローの生徒さん宅にホームステイするというものです。

宣伝は去年秋にサンケイリビングを通して二度ほど行ないましたがそこからのレスポンスはありませんでした。(大金をはたいたので
結構ショックでした。出すタイミングが早かったのかも知れません。)

しかし今年に入り特に先週あたりからは日本全国からお問い合わせがありました。

大阪、名古屋、横浜、東京、などから10件ほど連絡がありました。

そしてちなみに今回の短期留学には札幌から参加する高校二年生の女子高生もいます。

そしてこの女子学生のKさんは1月30日、31日の週末には
短期留学前の事前研修のために東京に来られます。

参加意欲満々でこちらもとても嬉しくまた頼もしく思っています!

驚くのは問い合わせがあった全ての人がものすごくこの短期留学に興味をしめしてくれたことです。

習字クラス14115891881_4102135719.jpg

「アメリカで高校生体験&ホームステイ」
http://www.englishvitamin.com/abroad2010/

@参加募集人数が少ないこと。

A留学前の英語&異文化研修が充実していること。
そして帰国後も留学後研修があること。

B留学前から一人ひとりの思い
が叶う短期留学にするようにアレンジしていること。

Cホームステイ先には一人ずつ滞在できること。
(大手旅行者や他社のものは一軒の家に2名とかに
なるものを多いそうです。)

D遊ぶだけの短期留学ではないこと。

Eメンロースクールではアメリカ人生徒や教師の
前でプレゼンをすること。

Fシリコンバレー企業に見学に行けること。

Gスタンフォードに見学に行けること。

H参加費用が安い!

習字クラス24116669452_5abe1c6744_m.jpg

実は今年に入りころから20件くらい問い合わせがあったのですが
学校の日程(春休みがはじめる時期や新学期が始まる日にぎりぎりの帰国だったりして)が会わないために参加を見合わさざるかたも
たくさんいました。

付属の中学3年生でこの短期留学中に3回ほど登校日があるので
今回は残念ながら見合わせるとかもありました。

また高校生本人からの問い合わせも数件あり家の都合で
参加出来ないかたもいました。

そして現在のところたった二名の参加者だけなのですが
その二人はとても良い子たちでとてもこの短期留学を楽しみに
しているので私としてもこの子達に尽くす気持ちがエスカレートしてきています。

青山プレップスクールの井上さんも私と同じで子供たちにこれも
やってあげよう!あれもやってあげよう!と言う気持ちがどんどんエスカレートするそうです。

井上さんの学校も私の学校も宣伝をしていません。

こんな私たちの学校が人気があるのは二人とも日本の「おもてなし」の流儀があり、日本の「相手のことを先に考える」が私たちのDNAに流れているからなんだな、と思います。

インターネットが存在しなく、国民の大半が1つの会社で働くの
が当たり前だった昔の日本だったら私たちは日の目を浴びていないかったかも知れません。

最後になりますが、日の目を浴びると言っても別に井上さんも私も会社経営者ではあっても特にたくさんのお給料をもらっているわけではありませんよー

生徒さん達の足元を見ているような経営はしないのが私たちのなかでは当たり前なのですから。

でも心の中のお金持ち度は億万長者ですよー

愛する家族がいて

心が通う仲間と仕事をし

愛する生徒さんたちに囲まれ

友達もたくさんいる。

そして自分に正直に生きることのできる「凄い時代に生きている」
幸せがあります。

みなさんは幸せですかー


posted by EV staff at 12:36| Comment(0) | From Tokyo

2010年01月15日

はるな愛さんのインタビュ(English Plus誌)

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

毎日とっても寒いですねー
寒中お見舞い申し上げます。

今日のトピックは「はるな愛」さんについて。

私の大好きな雑誌イングリッシュゾーン誌のスタッフが
制作しているイングリッシュプラスという雑誌を今日購入しました。


enlgishplus.51EHcdLNYcL__SL500_AA240_.jpg


世界を変える7人という特集が組まれていてはるな愛さんも
ジェンダーというカテゴリーで紹介されています。

ぱらっと見て読んで一番印象に残った人について少し話したいと
思います。これはある意味長い間異文化の世界で暮してきた私にとっては同感することが一杯ありました。

男性に生まれてきたのだけれど心も体も女性のはるなさん。
私は外国暮らしが長いので彼女をあまり知りませんが写真で見た限りとても輝いていて綺麗!さすが2009年度ニューハーフで世界一に
なっただけあります。

このインタビューで印象に特に私の心に残ったのことが2つあります。

1つ目は「性別ではなく努力し学びより良い人間になることを目指した」といわれていることろです。
これは戸籍について質問された時のはるなさんの答えの一部です。

19才の時に性転換の手術をされて見た目も心も女性になり
彼氏も出来ました。このまま残りの人生を女で過ごせばいいのだと
思ったそうです。それでも色々なことがそんなに簡単にすむわけもなく結局自分は男だと思ったそうです。

声も男のままだし。赤ちゃんも産めないし。だから性別にこだわったり戸籍上の性別を気にするのではなく人として魅力的な人になりたい!と思ったそうです。

私も同じ様な経験をしたことがありました。

私はこの20年間日本、アメリカ、日本、オランダ、日本、アメリカ、日本と暮してきました。一番長い間暮したのはカリフォルニア州です。

いろいろな文化に暮らし言語も文化も違うなかで一番大切なことは「努力して学びより良い人間になる」ことです。

日本で生まれて24才まで日本に暮していた私が何度も文化間の移動をしそれぞれの文化の中で心から幸せに暮らすには時間がかかりました。

しかしその結果一生学び続ける癖が付きました。
英語もアメリカ文化も誰も知り合いのいない中ひとりで人脈をつくりシリコンバレーで起業するまでの力も付きました。

でもやはりこの20年の生活の中で得たものは「自立自学、精神的自立、経済的自立」です。 アメリカという国が私をトレーニングしてくれたのですよね。

どこの文化で暮しても一番大切なことは「努力して学びより良い人になる」ことだと思います。


そして2つ目はこのニューハーフの世界大会が開催されたタイのお話しです。

はるなさんはタイではニューハーフが普通にかたぎの人として働ける環境があると言われていました。

去年の春にアメリカのビジネススクールに行かれる方の事前英語&日米異文化の研修をした時のことをはるなさんのインタビュを読みながら思い出していました。

生徒さんはすでにマネージメントクラスの方でしたので何か少し変わったトレーニングをと思いハーバードビジネスレビュの記事を使い行なったシュミレーションクラスがこの「性転換」した社員にたいする対応でした。

内容はアメリカ南部の石油会社のマネージャクラスの人がある日突然、自分は女性になりたいから性転換をする。休暇が欲しい。そして復帰後は普通にこの仕事に戻りたいと言い出したのです。

とっても男性的ですでに家族がありお子さんもいる社員で部内騒然という話しでした。

部内や社内、そして保守的な顧客を多く持つこの会社の対応たるものは? 生徒さんにはこの性転換をする社員の上司役をやってもらいました。

生徒さんの会社もタイには現地法人があって同じようなことが
おきたそうです。でもタイでは社会的にニューハーフであることが
日本やアメリカのように差別の対象にはあまりならないと言われていました。

私のシリコンバレーの友達(男性30代半ば)の友達も実は性転換をして女性になったそうです。

差別は全くしないけれどやはりその友達が性転換後には自分を女性扱いしないと怒るようになったそうで付き合いにくいと言っていました。

そして私の友達も男性から女性になりました。
彼はブロンドで青い目で女性になったらマリリンモンローみたいな
感じになりました。

もともとハンサムだったので。

う〜ん、はるなさんの言われる体が女になっても彼氏ができても
ものごとはそんなにシンプルではない、といわれるのが分かります。

posted by EV staff at 20:45| Comment(0) | From Tokyo

2010年01月07日

Facebookと遺族と友達のつながり

みなさん、こんにちは!

そして明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日のトピックはきのう読んだ Time Mobile「携帯版タイム誌より」の記事でタイトルは、

Grieving on Facebook: How the Site Helps People

家族を亡くした悲しみをフェイスブックで分かち合う遺族たち:このサイトがどのようにして人々の力になっているのか。

http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1951114,00.html?xid=rss-topstories-polar#ixzz0buoWTT7v


この記事はとても印象深かった。 優しさが溢れていた記事だから。

これからの日本社会に役にたつ記事だと思う。

記事の内容はこんな感じ。

愛する家族を失い悲しみにくれていると30年も会っていなかった高校時代に親しかった友達からフェイスブックを通してお悔やみが来る。

この友達は地元の新聞の死亡告知を見て連絡してきた。そして自分の母親が亡くなったときの苦しみやその苦しみを乗り越えることが以下に難しかったかを共有する。

厳しい社会環境のなかで生きる現代人。彼らにも楽しい高校時代はあった。そしてその時代はとても幸せでここちの良い日々だった。

フェイスブックを通してお悔やみを送ってくれたのはこの高校時代の友人だけではない。 他の何十年も連絡を取りあっていない仲間も連絡をくれた。

大学や仕事のために家族が世界中にバラバラに住むようになった現代社会はようしゃなく一人で生きていくことを強いる。

今まではこの辛い気持ちをなかなか分かち合うことができなくて鬱になったり
または専門医にみてもらったりする方法しかなかった。

でも専門医も大切かもしれないけれど同じように家族を亡くした人と気持ちを分かち合ったり自分の親しかった人にやさしくされた方が人間嬉しい。

フェイスブックは友達同士をつなぐツールとしてはじまったけれどバラバラになった昔の友達をつなぎ悲しみをまで共有できるツールにもなった。 そして長い間遠ざかっていた友達関係も復活させてくれる頼もしいツールともなった。

すばらしいと思う。

日本より一足先に貧富の差を拡大させたアメリカで人々は
より人間的な関係をつかんでいるみたい。

この記事の内容とフェイスブックの何がすばらしいかと言うと、この記事の閉めにあるように自分は一人ではないということを教えてくれているから。

Nothing will take away the sadness of losing her parents and brother, but speaking to friends and connecting with others who are grieving is helping my mom realize she isn't alone.

そしてこの記事はこれからの高齢化した日本社会にもきっと役に立つと思う。

みなさんはどう思いますか?
posted by EV staff at 18:36| Comment(0) | From Tokyo
Powered by さくらのブログ