2008年04月26日

初鰹と中学英語

minakazu200804211743000.jpg

私、甥のカズ、姪のミナちゃん5才。
2005年8月4日iTunesが日本に上陸したその日には
English Vitamin Podder(podcast)も同サイトでデビュを果たしました。第1段「日本人がソーリーと英語で言うときアメリカ人はどう感じる」には収録当時小学5年生だった甥も今は中3。 真ん中にいるブ〜としている人です。

katsuo200804211740000.jpg


夫がこの日曜日から中国に出張なので久しぶりに実家にお泊まりしてきました。

春と言えば初鰹の季節!
大好物の鰹をたんまり2日間頂いてまいりました!
(私の実家はすし屋なんです〜)
もうこの新鮮さとおいしさは言葉には表せません。
昔から初物を食べると75日間、寿命が延びるといって日本では初物が大事にされてきたそうです。本当かしら? きっとそうです。 私はネギとしょうがとニンニク醤油で食べました。絶品です!!!

夕食の後は甥が英語を勉強したい!というので中2の時の教科書を出してETの物語のページを少し共に音読。 そして英語のフローに沿って英語を塊でそのまま理解する練習と英語と日本語の構成の違いを説明しました。 その後は私が口頭で物語の内容を質問しました。 例えば物語の中にETはエリオットという良い友達ができたけれども家に帰りたいという思いがありそれをこう表していました。 ET wants to go home. そこで私は甥にDoes ET want to go home? と聞いたのです。 そうすると甥はYes, ET wants to go home.と答えくれました! 甥はとても素直で言われたことをそのまま吸収するので将来が楽しみです〜(叔母バカなのですー(笑)そして驚いたことには次のページをめくると私の質問と同じ内容のものがあるではないですか! 日本語に訳したりするのではなく英語で内容理解を解いているのです。感心しました。日本の英語教育は進歩しています!

甥はいろいろなことを質問してきます。 例えばWhy don’t you join us?はどうして「一緒に〜をしませんか?」になるの? Don’tは「〜をしてはいけない。」でしょう?と言います。 どうしてなの、ルリちゃん? そうね、考えてみると全く逆の発想なので難しいですよね。 でも英語を塊でその時々の場面や状況に合わせてこういう時にはこう言えばOKというのを覚えてしまえばラクチンと教えました。例えばDon’t’you〜は相手に対して同意を求めている時に使う。 例えば誰かの写真をみてその人が疲れている表情をしているようならDon't you think he looks tired?  Why don’t you〜も同じ感じ。そう誘っているのです。なんと言ってもパターン化して覚えるのが一番。そして英語はリスニングが一番大切。音を聞いて情景が浮かばなければ内容を理解していないということ。 情景が浮かんでいれば聞いた内容も記憶しやすいのです。 

最後の音読を終了した時に甥に言ったことは英語を話す時は一語一語の音を正しく発音しようとがんばるよりも英語の意味の塊を考えてその部分を一緒にできるだけ早くスムーズに言えるようにがんばって!とアドバイスしてきました。 英語と日本語をしゃべる時は使用している顔、下、あご、口の中の筋肉が違うので甥っ子は口をもごもごさせてがんばっていました。 偉い!

中学校の英語は確実に進化しています。簡単な単文英語を使っていますが確実にメッセージが伝わるように工夫されています。 こうなってくると英語の先生も英語で考えまなばないといけなくなるのできっと力が増すはずです。 日本の英語教育これからが楽しみです!

また来週! ルリ子
posted by EV staff at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年04月23日

アメリカのフード(IN-N-OUTバーガー)

inandout01 皆さん、こんにちは!イングリッシュビタミンのインターンシップ生のhiroです! 前回はアメリカのスポーツということで、アイスホッケーの事を取り上げてみましたが、今回は食べ物について! アメリカと言えば、なんといってもハンバーガーですが、その中でまだ日本には進出していない「IN-N-OUT」というお店があります。日本語的に発音すればイン・アンド・アウトですが、米国人の発音はもちろん違います(^^; まあ、私たちはマクドナルドと発音しているのと同じ話なので、ここではイン・アンド・アウトで通すことにします・・・(苦笑)

このイン・アンド・アウトは、ネバダ・アリゾナ・ユタ州にちょこっとある以外は、すべてカリフォルニアを中心に展開するチェーン店です。シリコンバレーにはまだそれほど店舗はありませんが、ロサンゼルスのほうにはたくさんあるようです。

inandout02 で、なぜこの店を取り上げたかと言うと、とにかくおいしい! 最近では、オーダーを受けてから作り始めるというお店は多くなってきていますが、ここも同様で、冷凍は一切使いません。ハンバーガーが新鮮なのもさることながら、フレンチフライ(フライドポテト)も、なんとその場でじゃがいももカットします。とはいっても、専用のポテトカッターで、一気にスライスするのですがこの光景が圧巻・・・ Youtubeでその光景がアップされていましたので、ご興味ある方は以下のリンクを!
http://www.youtube.com/watch?v=f_svflxYM2w


inandout03で、もうひとつのこの店の面白さは、裏メニューが存在すること! 実は、表メニュー(実際に目にするメニュー)はきわめてシンプルなのです。ダブルバーガー、チーズバーガー、ハンバーガー、そしてフレンチフライのみ。なので常連客達は、そんな表メニューなど見向きもしません(^^ それもそのはず、なんと裏メニューのほうが品数が豊富なのです。(実は裏メニューは、彼らの公式サイトでは紹介されています) 玉ねぎをグリルしたり、野菜のみのバーガーにしたりなどのオプションが楽しめるのですが、醍醐味はなんといっても、ハンバーグの数をどんどん増やせること!日本でもメガマックなどが人気のようですが、その比ではありません!4x4は、バンズパンが1個にハンバーグが4枚を意味します。

inandout04 これはどんどん増やせて20x20なんていうのもあるそうです。さすがに注文しても食べれないので、写真はflickrにアップされているものを引用させていただきました! で、圧巻は、100x100というのもあり、実際に注文する人もいるんだとか・・・値段は100ドルくらいするらしいです(苦笑)

で、こんな裏メニューなんかの話を知っていると、会話にも花が咲くというものです! だって、そんな話題が出たら、「Oh, I know that!」って、思わず身を乗り出して言いたくなりますよね。以前もお話したように、円滑な英会話コミュニケーションには、ネタをたくさん仕込んでおくことも大切なことだと思います(^^ 但し、今回のイン・アンド・アウトの話は西海岸限定なのであしからずですが・・・(笑)

*Flickr Photos (Creative Commons) Licensed: 20x20 - nipulc
posted by EV staff at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年04月19日

日本に拠点を移した理由その2

eledreparty.jpg

日本のパートナー会社「エレクトロドリーム」の皆さん。
私の左隣はムタイさん。同社の社長さんでイングリッシュビタミン日本法人の取締役でもあります〜


皆さん、こんにちは!

今日は日本に拠点を移した理由の2つめをお話しします。

それは日本に戻り若い日本の皆さん(特に理系の学生を中心にグローバルエンジニアを育てたいのです!)に効果的な英語の学習法や異文化交流の楽しさを伝え、彼らを育てたい!!という気持ちがシリコンバレーと浦和の往復をしているこの2年間募ってきたからです。 

日本人は世界的にみてもとても従順だし良い物を追求する文化があり、私がリクルートした質の高い先生とカウンセラーがチームを組んで基礎をしっかり教えていけば必ず成功する!と確信しているからです。 (生徒がコミットしてくれないと無理なのですけれど。)

日本で会う大学生や30才前後の若者はグローバルに生きたい!という願いを持っています。でもその方法が分からないし日本人の人口が98%の日本では外資にいても日常業務で英語を話すというところは少ないそうです。 通常の英語学校に行っても見えてこないし英語学校で英語だけを学んでいても生徒のまま。 じゃ、私に何ができるのか? 楽しみに待っていてください! 少しずつ開示していきますので。 少し言うと、仲間作りなのです〜

ところでどうして私が理系の人々の力になりたいか。それは簡単です。私はナードが好きだからです。 ナードは素直で誠実できっかり約束を守ります。 彼らの多くはきらびやかな銀座のマロニエ通りや大型ショッピングセンタよりも古本屋や個性ある小さなお店が好きです。 そして気候の良いところが好きでハイキングなど自然の中で良い空気を吸うのを好みます。 だからシリコンバレーは人気なのです。海までも1時間もあれば余裕で行けるしハイキングに至っては20分もドライブすれば行けます。 天気が悪いのも12月〜3月の頭くらいまでだし。

すぐ話がそれます〜ごめんなさい^^  ナードが好きな理由に戻ります!

実は私がシリコンバレーで起業する前に働いていた会社は全て「技術系」の会社だったのです。 日本でもオランダでも。 そこでたくさんの心優しいエンジニア達にとても親切にしてもらった恩があるのです。 (日本では)彼らは理系の高学歴者なのにあまり良いお給料も待遇も受けていないのに本当に心が綺麗でやさしいのです。 アメリカならば理系と文系のお給料は全然違うしエンジニアは医者や弁護士に次いで人気のある職業なのです。 日本の会社では徒弟制度や封建制度のなごりなのか完全に縦社会でした。 彼らは忍耐力があり少しシャイだけれどとても優しいのです。 私の夫もそんな1人です〜

話を戻します^^


見えない国際交流や英語の壁を彼らと一緒に破る!つもりで戻ってきたのです。今の東京にはものすごい数の外国人の皆さんが生活していて本人次第でドンドン色々なコミュニティに入って行ける環境があります。グローバルな環境で働くにはグローバルな社交スキルを身につける必要があります。どんなに高い職業スキルを持っていても異なった文化・バックグラウンドを持った人々と交わるには相手と上手に対話できる能力や人に好かれる人格を持っていないとグローバルな環境では成功しません。 ましてやその場にいてぜんぜん楽しくないのです。 

もちろんこの日本!で超ホモジニアス(同じ人種が集まっている)グローバルな感覚を身につけるにはそんなに簡単なことではありません。 しかしです! 東京にはそんなグローバルな環境を身につけるだけの多くの外国人が住んでいます。 あとは自分がどんなことに興味があってどんなことがしたいのか、どんな目的でどんな新しい仲間をつくりたいのか、どんな人が好きなタイプだとかまずは自答してみるものです。 私がアメリカに移った80’代年後半から色々な体験や試行錯誤して破ってきた英語の壁や外国人との付き合い方をこのブログでドンドン公開していきますので楽しみにしていて下さいね!

みなさん、良い一週間を!

041408
八巻ルリ子
posted by EV staff at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年04月13日

アメリカのスポーツ(アイスホッケー)

皆さんこんにちは!インターンシップ生のhiroです! 

英語学習をする場合、単に英語を勉強ということでなく、その国の文化も理解することが大切!というのが、イングリッシュ・ビタミンのポリシーですが、外国人たちの日常会話によく出てくる話の日ひとつにスポーツの話があります。つまりこれを知らなければ、英会話どころか、まったく話についていけないことになります。

というわけで、アメリカのスポーツの中でも、あまり私に馴染みのない、アイスホッケーに挑戦してみようと、シリコンバレーに本拠地を持つサンノゼ・シャークス対ダラス・オールスターズという試合に行ってきたのでした!

icehockey01 会場は、サンノゼシャークスの本拠地であるHPパビリオン!コンサート会場などでも使われていて、近々ブルース・スプリングスティーンのライブもあるとのこと・・・!うーん、それはそれで気になるところです(^^; で、肝心のアイスホッケーなのですが、選手は各チーム6人ずつ(ゴールキーパーを含む)。パックと呼ばれる硬いゴム製のものを相手のゴールに入れれば点数が入るので、基本的なルールはわかりやすいと思います。ですが、試合は20分X3ピリオド、サッカーとは異なるオフサイドルールがある、選手が何人でも交代可能、反則をするとペナルティボックスに2分間行かなきゃいけないなど独特のルールも多々あるのでちょっとはお勉強が必要です! 正直、自分もまだわかっていないことが多いのです(苦笑)。

アイスホッケー初心者ながら、醍醐味を感じたのはやはり乱闘シーンでした。アイスホッケーではそのシーンが多々あるらしく、ある程度だったらオフィシャルで認められているだそうです。まあ、あれだけ当たりが激しいわけだから、思わずカッとなってしまうケースも多いのだろうとは思いますが、実際に見ると、うーん、これって本当にいいのかなー?という印象でした・・・。

icehockey02 各20分のピリオドの途中には15分ずつの休憩があるのですが、その時間、売店はこのような熱狂的なシャークスファンで埋め尽くされます。もちろん彼らの手にはビールなどのアルコールは欠かせない模様(^^; また選手のレプリカユニフォームも必須アイテムのひとつですね(^^ 写真にもあるように、この19番のThortonという選手名をつけている人が一番多く、やはりすごく人気のある選手だとのことでした!


icehockey03 それで肝心の試合のほうですが、3ピリオドを終わっても同点で、なんと延長戦へ。延長時間はたった5分間で、ゴールデンゴール方式(どちらかに点が入った時点で終了)とのことだったのですが・・・ なんとシャークスが点を決め、延長戦での勝利という劇的な結果に! もちろん会場は大盛り上がり!初めて観戦した試合で最高の経験をすることができました!



というわけで、何事もそうですが、まずは自分の目で実際に見る!という行為は必要だと思います! Seeing is believing.(百聞は一見に如かず)ということわざもあることですし・・・(^^; で、後は自分で見たこと聞いたことが、アメリカ人たちとの会話に生かせていければ最高なのですが、それは次の課題ということで・・・(苦笑)
いずれにせよ、見聞を広めることは、英語学習に直接つながる最高の手段のひとつだと思いませんか? 皆さんも好奇心旺盛で行きましょう!

posted by EV staff at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年04月07日

2008年4月から日本を拠点にして動きます!

sakura2008_0404Image0105.JPG





みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

日本の春を満喫しています! 春野菜が美味しい季節ですね。
四季のある国、日本。 とても繊細な国、日本。安全な国、日本。
そして我慢を美徳とする国民が住む国、日本。物価の安い国、日本。 
株価の安い国、日本。食べ物がとても美味しい国、日本。
テレビがつまらない(番組に個性がない)国、日本。
よく働く国民が住む国、日本。追求する文化を持つ国、すばらしい国、日本! いろいろあります。

さて、今年4月からは拠点を自宅のある浦和とメディア事業部のある渋谷に移しました。シリコンバレーオフィスは私が200%信頼しているエレンに任せました。
私は新しい生徒さんが入校する時期の1月、6月、11月、そして今後展開していく夏休みと春休みの理系の大学生のためのシリコンバレーツアー時にはシリコンバレーに戻ります。

日本でのミッションは「グローバルコミュニケーターを育てること」です。
拠点は、私の住むさいたま市浦和区とメディア事業部がある渋谷(駒澤大学)になります。 また私が賛同するMOSA、(Macintosh用ソフトウェアの開発者支援する特別非営利団)と共に大学生を中心に若いグローバルソフトウエアエンジニアを育成することにも精力を注ぎます。 

浦和ではゼロ才児〜小学生(両親も一緒に)に英語と異文化教育を。そして渋谷では週末にこれからアメリカに駐在や留学する方達のための渡米前研修を行います。 詳しい日程は後日ウエブで紹介します! 

さて、日本に戻った理由は大きく分けて二つあります。 今日は一つめをお話ししますね。

まずは単純ですが大切な理由があります。 5年間のシリコンバレーでの駐在生活を終え夫が2006年4月1日付けで日本の本社に帰任しました。 ですから早く日本に戻りたかったのです。 シリコンバレーに赴任した際には働く気なんて全くありませんでした。 それよりも地元を理解するためにボランティア活動に従事することや大学に戻り勉強をしたい気持ちで一杯でした。 2002年春に 「グーグルで翻訳をやらない?」と誘われた時にも1つの会社に縛られて会社勤めするのはイヤと、全くその気はありませんでした。 

そんな私も2002年にブッシュ大統領が駐在員の配偶者に米国での労働許可を出す、という光った(唯一の)行動を取ったお陰で会社を起こすことができました。 赴任後すぐに出会ったダニエルと良い友達になったことと彼が私のビジネスプランに興味を持ってくれて助けてくれたこと、シリコンバレーの新しい仲間が力のない私を快く支援してくれたり、色々な偶然が重なって起こした会社です。大切にしなければいけません。

しかしながらあんなに楽しかったシリコンバレーでの生活も仕事をしている時の楽しさには変わりはないのですが週末などいつも一緒だった夫がいないとてもつまらなくなったのです。 良い仕事をするためにはある程度時間的な余裕とプライベートでの幸せは欠かせません。

自分が始めた会社を夫が日本に帰国するからという理由でクローズするわけにはいきませんよね。ですからこの2年間日本と浦和を往復しながら徐々にエレンと話し合いシリコンバレーの方はエレンにシフトしてきたわけです。 

生活の基本は家族、仕事、友達ですよね。 イヤなことが出来ない体と心を持つ私には「君の好きなことをやりなさい。」といつも心の支えとなる夫の側にいるのが幸せなのです!

ルリ子

追:

これから週一くらいの割合で私が素直に感じること、例えば7年振りに日本を拠点に住んでいることで見える日本の素晴らしさ、もどかしさ、仕事のこと、プライベートなことぜひ聞いて下さい。よろしくお願いします!!

posted by EV staff at 00:50| Comment(2) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年04月06日

アメリカ大統領選

皆さんこんにちは!hiroです!

さて、皆さんご存知のとおり、2008年はアメリカ大統領選イヤーです。日本のテレビなどでも報道されていることと思いますが、特に民主党候補については、激しい指名候補争いが続いていて、こちらのテレビでもその話題を見聞きしない日はありません!

私は留学生の立場なので、当たり前ですがもちろん選挙権はありませんので客観的に状況を楽しませていただいています(^^ 

obama01で、指名候補者の演説などをテレビで見ていると、後ろで支持者たちが一生懸命ポスターを掲げていますよね。家の近くに、バラク・オバマの候補の事務所があったので、もしかしたら支持してますって言えばもらえるものなのかなと思って問い合わせてみたら、なんと販売しているとのこと!しかも、販売しているのは、ポスターのみならず、ステッカーからTシャツなど、まるでタレントなみのグッズ販売状態でした。言うなれば、こういうグッズ販売が選挙資金として活用されているのだと思いますのでうなづけます。

obama02 というわけで、彼らにとって選挙資金はいくらでも欲しいところでしょうから、グッズの料金もちょっと高めです。ポスターは5ドル、Tシャツは20ドルでした。またステッカーは各2ドル。高めとは言え、せっかくの機会なので一式購入してみました(^^; ところがその後、オンラインでも買えることがわかり確認してみたら、なんとすごい量の品数があることが発覚。日本の選挙ではさすがにここまでのグッズ販売はないだろうな、と感心してしまいました。ちなみに、オバマのグッズ販売URLはこちら。
http://store.barackobama.com/

で、どちらの候補がいいとか悪いのかとか、ここで言うつもりはありませんが、以下のオバマの言葉は、シンプルでいてかつ力強いメッセージがこめられていて、多く人から共感を呼ぶ理由がうなづけるところです。私はシンプルに「かっこいい!」と感じてしまいました。

"There's not a liberal America and a conservative America; there's the United States of America. There's not a black America and white America and Latino America and Asian America; there's the United States of America."

ちなみに、このように、自分がいい!と思ったフレーズなどをメモに書き取っておいたり暗唱してみたりすると、すごくいい英語の勉強になると思います!

で、一方のヒラリー候補ですが、娘のチェルシーさんがスタンフォード大の卒業生なので、それはそれで応援しないとですね(^^;一応敬意を表して、ヒラリー候補のグッズ販売サイトは以下のとおりです。グッズについてはヒラリー候補陣営のほうが多少センスがいいかな、と思いました(^^
http://www.hillarystore.com/

で、これだけ民主党候補が騒がれていて、最後はあっさり共和党候補が勝つなんてこともあり得るわけですから最後まで目は離せません! 選挙権が無くこんなふうに客観的に見れる選挙戦はある意味楽しいです(^^ 
posted by EV staff at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo

2008年03月27日

皆さん、初めまして!

皆さん、初めまして! イングリッシュビタミンで、インターンシップ生としてお手伝いをしているHiroです! 私は現在、スタンフォード大学の教育大学院の学生で、イングリッシュビタミンには今年の1月からお世話になっています(^^ 

そんなわけで、今回から週に一回くらいのペースで、皆さんに英語学習のこと、大学のこと、シリコンバレーの様子、アメリカの文化のことなどをお伝えしていきたいと思います!

stanford01.jpg まず第一回目は、自己紹介とキャンパスの様子からお伝えしてみたいと思います。私が在籍しているのは、StanfordのLearning Design & Technologyというプログラムで、簡単に言えば、テクノロジーをいかに教育に活用できるか、というのがテーマです。インターネットやマルチメディアを使った学習教材などは、皆さんもなじみがありますよね! このプログラムを選んだのは、やはりシリコンバレーという環境で、アメリカの最先端の状況を肌で感じてみたかったというのが一番です。在籍している学生は全部で17名ですが、経歴は大学卒業後すぐに来ている人から、元教師、元IT系など様々なバックグラウンドの人たちがいて、大変刺激的です(^^ 

stanford02.jpg スタンフォードのキャンパスは大変広く、世界第二位の面積を誇るとのこと!ちなみに第一位はモスクワ大学らしいです(^^ キャンパス内には無料で利用できるシャトルバスも運行されていますが、大半の学生達はもっぱら自転車で移動しています!でもこっちの自転車って泥除けがないので、雨が降ると泥が跳ねて大変なことになるんですよね・・・



stanford03.jpg スタンフォードはスポーツも盛んです。キャンパス内には5万人以上収容できるスタジアムもあり、なんと94年のアメリカワールドカップ(サッカー)のときには、会場の一つとして利用されていました。大学内でワールドカップをやるなんて日本では考えられないですよね・・・ スポーツと言えば、去年、女子プロゴルファーのミシェル・ウィーがスタンフォードに入学してきました。残念ながら、まだキャンパスで見かけたことはないんですけどね(^^; 卒業生には、大統領選に出馬中のヒラリー・クリントンの娘であるチェルシーさんや、ヤフー、グーグル、HPの創業者たちなど、著名人も多く、多額の(笑)寄付金が集まっているようです。

私のプログラムでは、学生たちに、実戦経験を積むべく、インターンシップが強制的に課せられているのです。働く場所は自分で選ぶことができましたので、今流行りのポッドキャスティングなどテクノロジーを積極的に活用しているイングリッシュビタミンに魅力を感じ、自ら売り込みをかけてお世話になっている次第です(^^;

というわけで、次回以降も、こちらの様子や私の体験談などをどんどんご紹介していきたいと思いますので、皆さんこれからもよろしくお願いいたします!


posted by EV staff at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo
Powered by さくらのブログ