2010年11月11日

リッキーマーテインがゲイだと今日はじめて知りしました!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

「今日のトピックはリッキーマーテインがゲイだと今日はじめて
知りました!」です。

みなさんはリッキーのことをご存知ですか?
子供のころはメーヌードという可愛い男の子5人くらい
で構成される歌って踊れるアイドルグループに所属を
していました。全員がプエルトリコ出身のグループでラテン系の
血が入っているので踊りも子供の割にはセクシーでした。

メヌードは超アイドルグループでアメリカでは大人気でした。
ニューヨークのMSG(マジソンスクエアガーデン)でコンサートをすれば
2万人ものファンが大熱狂。

日本にも20年前くらいに東京音楽祭のゲストとして来日したことが
あります。招待して

日本では郷ひろみさんが「あちち、、、」と日本語版のリッキーの
世界的ヒット曲living la vida locaを熱唱していましたよね。
この楽曲でグラミー賞も受賞しました。

ともかくリッキーは世界中の女の子を熱狂させたとってもハンサムで
セクシーな人なのです。



全然良いyou tubeのエントリーがありませんでした。すみません!

リッキーのプロフィールはこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3

リッキーがどうしてゲイだということをカミングアウトしたかというと
こんな理由です。簡単な英語なので呼んでみて下さい。


Ricky says his 2-year-old twins, Valentino and Matteo, inspired him to tell the world he is a proud gay man. "I had to because I couldn't take it anymore," he says. "But who gave me that final push was definitely my children, because if I didn't come out for them, what was I going to be teaching them? How to lie? I don't want my family to be based on lies. I want to be transparent to them. I want them to be proud of their dad. I want them to be proud of themselves, of their family."
抜粋:The Oprah Winfrey Show | November 02, 2010

もっとリッキーのインタビュ記事を読みたかったらこちらへ言って下さい!

http://www.oprah.com/oprahshow/Reaching-Out-to-the-World

私は今日このニュースをしって日本とアメリカ本当に逆の方向に進んでいると思いました。

アメリカに住む若い人たちは自分に正直になって生きようとがんばっています。
とてもまじめで自分の人生を全うしようとがんばっています。またこう言った考えを
世論が受け入れてくれます。これはある意味キリスト教の噓なき世界、正直に高潔に生きる世界に憧れているからかもしれません。そしていろいろな多様な人種にますます寛大になっているような気がします。

日本は社会が全体的に脳死状態のようになっている気がしてしかたがないのです。
若者も諦めるよね。こんな雰囲気じゃ。

意見がばらばらで政治家も国民も何を目標にして生きていけばいいのか分からない。
深くものごとを考えるような教育がなされていないから自分の人生も深く考えられない。
自分が正直に生きてもだからなにのような感じがある。
日本人は無宗教。でも日本人にとって山、川、風は神様の一種。神様がとても多い国。
だから政治家にしてたくさんの党があってみな勝手なことを言っている。
だからいつまでたっても国内で内輪もめをしているばかり。
日本人は日本人論ばかり言うし傲慢に思えて仕方がない。

リッキーのカミングアップから最後には社会問題の話しになりました。
もしあなたが日本人でゲイであっても心配しないでカミングアウトして下さいね!
自分らしく正直に生きることが一番なのですから。

posted by EV staff at 14:18| Comment(0) | From Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ