2010年11月01日

使命を果す為には経験のないことでもまずは行動あるのみ、そうすれば次の扉が開く

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの八巻ルリ子です。

今日のトピックは「使命を果すには経験のないことでもまずは行動あるのみ、
そうすれば次の扉が開く」です。


今日、生まれてはじめて地元浦和で高校生にフライヤーを配ってみました!
どんな内容のフライヤーを配ったかというと@今年2010年11月からはじまる「東京フィロソフィーシンポジウム幸せのレセピ:Light, Truth,& Wine Winter 2010」の紹介とA2011年春休み短期留学のお知らせ&イングリッシュビタミン会社実績紹介です。


はじめてのことで本当に緊張しました。

特に日本文化では知らない人と話をする習慣がないのでどうすれば高校生たちと
まずは対話ができるかドキドキでした。


なんて言って話しかけよう。

1枚50円もするカラーコピーを無差別に配って無駄にしたくないし。

いろいろ考えながらまずはフライヤーを配布する場所をバイトのY君と二人で探しました。

西口のタワーマンション側が明るくて感じがいいからそちらに行ってみましょう!と、Y君。
Y君の家はこのマンションからすぐ側だから土地勘があって助かった。

女子高生が一人、二人通り過ぎて行く。

Y君が勇気を出してフライヤーを渡そうとしてもなかなか受け取ってくれない。

そこへ細身ですらっとした髪の長い感じの良い女子高生がきた。

「すみません。ちょっといいですか?」とわたし。

振り向く女子高生。

「あなたは英語が好きですか?」

はい、でも英語はしゃべれませんと女子高生。

「日本で生まれて育ち日本の教育を受けてきたのだから
当たり前なのよ。」と私。

そこからはいろいろ話しだしました。
そしてこのKさんにとてもお世話になりました。

*女子高生にはどうやって話しかけていったらいいのか。*

*フライヤーを配る良いロケーションを教えてくれたり*

*この春休み短期留学のフライヤーがあるからみんなこれを
受け取る子は@の2010年11月からはじまる「東京フィロソフィーシンポジウム幸せのレセピ:Light, Truth,& Wine Winter 2010をみてくれるはずと教えてくれたり。*

バイトのY君も私もKさんにとても勇気付けられました!
Kさん、ありがとう!!

そして次に私たちの話を聞いてくれたのは高1の女子高生。

「すみません、少しいいですか?」と私。

振り向く彼女。

「英語は好きですか?」と私。

。。。。。何が起こっているかわかない、彼女。

「Do you like English?」と私。

「Yes, I do.」と彼女。

それからは学校で勉強している英語のクラスの
こととかを話してくれた。

ありがとう!!

この彼女は物静かだけれどもとてもスイートな感じがする子でした。

4時半ごろからフライヤーを配りはじめて約1時間半。

結局話ができたのはこの二人だけでした。


でもただ「お願いします。」と言って渡すより
会話を持てた相手にだけ大切なこのフライヤーを渡すことの
意義を学びました。

やはり量より質。
quality over quantity です。

何事もはじめは自分では分からないものですよね。
でも行動を取ることによって誰かと会話がもてる。
その相手が私の活動に興味を持ってくれればいろいろな
ことを教えてくれる。

人生自分だけで解決できることなんて何もない。
だから誰かに助けてもらえばいいのだと思う。
話したい相手を巻き込んでどうすれば
私の思いが届くようになるのか教えてもらえばいい。

私がアメリカに留学していたときがそうだった。
アメリカ人とどう付き合えばいいのか全く分からなかったので
ホームステイ先の家族やアメリカ人のルームメートに教えてもらった。

同じことを今日、高三の女子高生のKさんから教えてもらった。
本当にありがたかった。

結局はどこの国の人とでも話しやすい環境を作ることができたり
良い人間関係をつくることが公私ともに大切。

いくらビジネススクールでビジネスマネージメントとか
学んでもグローバル戦では輝けない。

グローバル戦で輝ける人は相手の話を良く聞き
心を開いて相手に自分の思いを伝える。まずは素直に相手の
教えや考えを学ぶことが大切だと思う。

私は@の2010年11月からはじまる「東京フィロソフィーシンポジウム幸せのレセピ:Light, Truth,& Wine Winter 2010を心から成功させたいと望んでいます。
だから今まで経験したことのないフライヤー配りまでして私たちの活動を伝道しています。


http://urawa.englishvitamin.com/article/41185707.html
http://www.englishvitamin.com/pdf/EV_Philo01.pdf

そこまでする理由はこのセミナーを一緒に担当するギブソン氏が大変優秀な好青年だから。

日本とアメリカのハーフで完全に日英バイリンガル。日本を心から愛している人。
とても純粋で自分のベストな人生を生きようと日々がんばっている。相手が友達でも生徒さんでも
誰でもその人のベストな部分を見出して相手と付き合っている。ユーモアのセンスがあって面白い。

大学では哲学と政治学を専攻。卒論は「Japan can change.」アメリカ生まれの日本育ちで
高校までは横浜インターナショナルスクール。大学は米イェール大学。
(この大学はハーバード大ほど日本では知られていないけれどプリンストン大とならんで
アメリカ東部のアイビーリーグの中でもThe Threeと言われている超難関校です。)

こんな彼を通して日本の中高大学生に「アメリカ名門大学で行なわれている参加型デスカッション」を体験して欲しいのです。

論理的に議論する力や気軽に意見交換を英語でする力を見につけて欲しいのです。
そしてこのデスカッションを機にアメリカ学部進学も視野に入れてもらえれば幸いです。

アメリカの名門大学に入り世界中から集まる優秀な学生とぜひとも一緒に学んで欲しい。

アメリカの名門校では1クラスのサイズはクラスにもよりますが多くても15人くらいまで。
イングリッシュビタミン創立時の私のパートナー、ダニエルはアメリカの名門リベラルアートカレッジのポモナカレッジ出身です。ここポモナでは教員一人当たり学生数は教員1名に対し生徒7名です。
http://www.pomona.edu/about/facts-and-figures/facts-and-figures.aspx

日本のブランド校(例えば早稲田)の文系学部の平均では教員一人当たり学生数は
教員1名に対して40名。


以下、読売新聞オンライン「教育」の記事で早稲田側がこう述べています。

At present, the top universities in the United States have a teacher-student ratio of 1:10 to 1:15, while that of the humanities course of Waseda University is 1:40. We will proceed with globalization by improving this ratio and having ...

http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/dy/campus/spreport_0805_01.htm


アメリカの名門校では参加型デスカッションと論文を書くことが主流。
日本のブランド校ではレクチャースタイルと筆記テストが主流。

アメリカの名門校の学生は本当によく勉強をする。そして遊ぶときは思い切り遊んでいる。
日本のブランド校は大学受験で燃え尽きて大学では勉強をあまりしない生徒が多い。

特に私はアメリカのリベラルアーツカレッジをお薦めします。
4年間の大学生活中はキャンパス内の寮に住めるし、こじんまりとした
美しいキャンパスで学べるし、クラスのサイズも10名ぐらいまで。
だからサボれない。論文書きに参加型デスカッションのクラス。
ハードな勉強時間のなかにも上手に時間管理をするアメリカ人の学生。
寮生活ではクラスメートと寝起きをともにして同じ釜の飯を食べる。
多様性があり国籍、宗教、人種が世界最高峰の学問を求めて集まる。
こんな仲間達と4年間過ごせたら楽しいし、人間関係が希薄になっている
このご時世に一生の仲間ができる。

政治、経済、社会がグローバル化された今、世界の多様性を理解できないと
日本は破産してしまいます。(きっとするだろうし、だからこそ今の小中高生たちには
世界の多様性を学べるアメリカの名門校に行って死ぬほど学び日本復活を助けて欲しいと思う。)

日本とアメリカ、両方の国で生きてきたわたし。
公平にみて高等教育はアメリカに進むべきだと思う。
大企業化された日本の大学は変化できない。
日本のアマチュア政治家達も何もできない。

頼みの綱は若いあなた達がアメリカの名門大学で学び世界中の頭脳たちと共に
新しい産業を創りあげることです。そしてその会社を日本にも創って下さい。

もしあなたがビジネス、金融、政治&公共政策、医学、心理学、エンジニアリング系に
進みたいのならばアメリカの名門大学へ渡って欲しい。

そして死ぬ気で学び新しい産業を日本で創りあげて欲しいと思います。
日本に戻り未来の日本のために力を貸して欲しいと願います。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ