2010年09月07日

日本企業が大卒者や中途採用者に求める英語力は実践に合わせたものを提示するべきです。

みなさん、こんにちは!

シリコンバレーに行くならイングリッシュビタミン。

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コミュニケーションコンサルタントの八巻ルリ子です。

最近よく聞かれる質問が2つあります。

1つ目は楽天やユニクロが英語を社内公用語にするそうですが
どう思われますか?

2つ目は日本企業が提示する新卒者に対してのTOIEC得点についてどう思いますか?

今日は2つ目の日本企業が求めるTOIECの得点についてお話します。

この質問をされる度に私はこう答える。満点でも仕事内容が理解できてなければあまり使い物にならないと思います。これは私が自分で経験した経験値からのお話です。アメリカの大学を卒業しトーイックの得点が900点以上ある新卒者ですらそうなのですから。

私はこう思うのです。英語力とかトーイックの得点とかを新卒者に求めるべきではないと思います。その前に日本企業は日本の教育システムやトーイック(ペーパーテスト)では実践の英語力がつかないという事実を理解し対策を打つべきなのです。(それに日本の大学を卒業して即戦力になる人材なんていませんよね?)

例えば内定者には英語と日本語では会話を進める上でコミュニケーションの取り方が異なることを教えたりするべきです。

英語環境では会話中に何か分からないことがあれば話を聞いている自分が話を止め内容を確認する責任がある。日本語環境では誰かが話している最中に口を挟むのはマナー違反。察することが基本の日本の文化では理解できなかった自分を攻めることもあります。

英語と日本語では文章の流れが違うため異なった思考回路があることも教えるべきです。英語では前置きが短くすぐに本題に入ります。そしてその後に細かな説明をしながら相手と話をすりあわせて行きます。日本語は何をしなければいけないときはまずはその理由を丁寧に長く説明し、その後に本題に入ります。

ケーススタデイをしながら内定者2〜3人に一人の日米バイリンガルの講師を入れ実際の模擬会議や業務内容を通達する練習をしたらいいのです。

簡単な英語を使い、簡潔に話をまとめる練習をするのです。
主語と動詞をまずは押さえる。それができたら主語と動詞と目的語を押さえる。簡単な短い文章でいいのです。英語ができないからこういった練習をすることが大切なのです。

どこの国の人と仕事をするにも聞いてすぐに分かる簡単で簡潔な
英語を話す練習をすることが一番大切なのです。ビジネスの相手は
(外国人)は日本人の英語の力よりも日本企業のビジネス力に期待をしています。どんな技術や商品をどのくらいの値段そしてどのくらいの納期で納入できるかに興味があるのです。

上で述べたような研修を入社前に2〜3回、入社後は年に2回くらいすればたとえトーイックの得点が500点とか低くても入社数年後には使い物になる社員が誕生することと思います。

トーイックの得点を押し付けるのではなく外国人とスムーズに仕事ができる方法を教えてあげればいいのだと思います。

トーイックよりも英語でのライティングやリーディングの力を
細かくみていくべきなのです。企業がトーイックを求めるから学生はそれを追うのです。もし企業がライティングやリーディングの力
を入社試験でみればトーイックよりも確実に英語と思考能力がある学生を取ることが可能です。一番簡単なのはTOEFLにシフトすれば
いいのだと思います。

基本的に日本で生まれ育ち教育を受けてきた新卒者には実践で活躍できるだけの英語力とコミュニケーション力はありません。

新卒者が悪いのではなくあくまでも日本の教育の責任なのです。
英語の力が低い英語教師の能力範囲ないで教えているから実践的な英語ができるようなカリキュラムが誕生しないのです。

私はシリコンバレーで何人ものTOIEC満点者に出会いました。どんなテストであっても満点なんて本当にすごいと思います。しかし日本の東大を頂点とした受験システムがそうであるように日本ではペーパー上で能力を判断する傾向があります。

ペーパー上では紙と自分の戦いですが、実際のビジネスの現場では
分からないことがあれば相手は話を止めて質問してきます。そして
分かるまでいろいろな言い回しを駆使し同じ理解に到達するように
がんばります。

これは車の免許を取る際にペーパー上満点でも運転が全くできない
ことに等しいと思います。つまりトーイックはペーパードライバーで運転する能力がない人と同じなのです。

こんな感じでみなさんに質問される度にお答えしている次第です!
posted by EV staff at 18:55| Comment(0) | From Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ