2010年06月12日

本気で外国語を身につけたい人は先生+一般人との英会話を出来るだけ多く体感することがなによりも大切

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日はとっても暑かったですね。
梅雨を飛んで夏到来という感じでした。

ところで今日シリコンバレーからメンロースクールの
高校生13名が来日しました。 

メンロースクールは弊社の春休みに短期留学のホスト校です。

その13名のひとりステファニーちゃんは私の妹の
家にホームスティしています。

妹の悦子、彼女の娘で小学校2年生の美奈、メンローのステフォニー、阪本先生、うちの生徒さんのアキちゃんと彼女のママ、そして
私でお茶をしていたときに面白いことが起きました。

ステファニーは学校では一番上のクラスにいて阪本先生の
話す日本語だと聞きなれているためにすぐに分かるのです。

ところが同じ言い回しをしても私や妹、アキちゃんやアキママが
話す日本語は聞き取れないのです。

その理由はスタファニーの日本語教師である阪本先生の日本語は
いつも聞いているので耳が慣れているわけですんなり入ってくるのです。また、先生の日本語は綺麗で滑舌がとてもいい。

私たちも綺麗にゆっくり話しているのだけれどステファニーの耳には届かない。

同じことが日本で高いお金を出してプライベートレッスンを取って
きた駐在員たちに起こるのです。

もちろん駐在員たちはいつも同じ先生ではなく違った先生
とレッスンもしてくるのです。

でもそうなると毎回簡単な自己紹介だけで終わっり簡単な話で
終わるためにいわゆる普通の英語になれないのです。

このような状況を回避するために私はTokyo Global Society(TGS)を結成しました。

http://tokyoglobalsociety.com/

毎回いろいろな留学生とイベントやプロジェクト、食事会、飲み会で飲み食いしながら軽い話をし、デスカッションでは深い話をする。

このような活動を軸にして分からない事があればレッスンを
オプションとして取る。

時代にあった異文化体験+英語+プロジェトを通してどんな人とでもコミュニケーションが取れる人材、
グローバル人材を輩出することをTGSでは掲げている。

簡単な英語で簡潔に説明ができる英語が必要な時代。
すぐに相手が理解できる英語を話さなければ中国人やインド人とは
仕事ができない。

日本は終身雇用制度は終わった。この古い雇用制度体制では暗黙の了解が通じたけれど、今、そしてこれからは中途採用者、女性の社員、外国人の社員が増えともに細かく口頭ベースで話さなければ
いけない時代。


このような時代に生きているにも関わらず今までのような
大手英語学校やいつまでの同じ先生だけと1対1でレッスンを
とっていてはいけない。

上手な先生の利用方法は、異文化に対する質問ができたり、文法などのテクニカルで人の気持ちを描写する上で大切なところや、あなたが使う言い回し方がネイティブにはどのように聞こえるのかを
確認する使いかたをすれば良いのだと思う。英語圏の社交マナーなどを教えてもらうのもいいと思う。

いくらTOIECやTOEFLで高得点をとっても英語圏の人づきあいのマナーを知らなければ誰にも相手にされない。

一番大切なことは自分から外国人のコミュニティに入りこみ、自分から仲間を探すことが大切。

そんなコミュニテイはどこにあるのか?

meetup.com
craig's list tokyo

興味のある人は上記の2サイトに行ってチェックしてみて欲しい。

今日のおさらい。

誰の英語でも分からないと友達の輪も広がらないし
ビジネスでの信頼関係も築き難い。

先生は自分の英語+異文化の質問アドバイザーとして
使う。

自分から外国人のコミュニテイなどを探し入っていく。
ここでの活動を中心にし自分の力を試す。

このような環境ならばアメリカに引越したときに大分違いが
でるはずと私は信じているのです。




posted by EV staff at 23:01| Comment(0) | From Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ