2010年04月14日

Sartuday Round Table, a great multinational open source application: とってもステキなオープンソースコミュニティ、それがSRTですー 2010年4月17日@東大

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「Sartuday Round Table, a great multinational open source application:とってもステキなオープンソースコミュニティ、それがSRTですー。」です。

Tokyo Global SocietyのSRTは留学生&大学生&日本人の若いプロフェッショナルが集い真剣に日本の将来を語り合う、語り場です。参加費は無料です。

私はこのSRTをオープンソースと位置づけています。
それがどこから来たかと言うと、シリコンバレーで出会った友達、アンディが2004年のある日天職をしたのです。彼はソフトウエアエンジニアです。その会社がオープンソースを手掛ける会社で当時
オープンソースの存在を知らなかった私は彼にどんなものか教えてもらったのです。

簡単に言えば、ソフトウエアの情報公開は無料。でもどうやって
公開されているソフトウエアを上手に使いこなしIT構築をしていくためのコンサルテーションを提供して対価を頂く仕組み。
ちなみにこの公開されているソフトウエアは個人でも企業でも使えるので使える人は自分で好きに使えばいいのである。

Tokyo Global SocietyのSRTも全く同じコンセプト。

SRTに参加するこは無料。
自由に意見交換、そしてデベートして下さい!

TGSの前にはランチ会もあるのでそこでは社交能力を鍛えて下さい。

相手のことを知るために相手にいろいろな質問をしたり、自分の回りに起こっている身近なことを話したりして下さい。

英語で質問したり、自分の意見をまとめたり、デベートしたり個別にトレーニングを希望する人はTGSでレッスンを取ったりすればいいし。日本人慣れした英会話学校の教師ではなくプロのコミュニケーショントレーナーや優秀な留学生に習った方が絶対に実践で使えるスキルがつきます。現在その準備もしています。

世界規模で戦う時代が来ている時代にお客さま扱いで英会話学校に
高いお金を出して通うなんてナンセンスです。英語ではなく楽しい話ができる人になって下さい!

オープンソース、なんて良い響きなのでしょう。6年経った今、アンディの会社のコンセプトが使えるなんて、ははは。。。やはり世の中笑顔があり元気で社交能力があれば国籍を問わずいろいろな人と交流できて知らない情報も入ってくるからすごい。 私の特技はこれに尽きるのでこの「笑顔、元気、社交能力」で世界中の人と一対一の友情や信頼関係を築くノウハウを若い人たちに伝授したいと日々思う次第です。


話をSRTに戻します!

★毎週土曜日に開催されているSaturday Round Table。

★対象者は海外留学経験者です。ただし、このブログを読んで興味のあるかたは私にメールして頂ければご一緒します。

★参加費は無料です。

★場所や時間などの詳細はこちらをご覧下さい。
http://tokyoglobalsociety.com/sat_round/

★4月17日(土)のテーマは「高校無償化」です。

ここ数回は日本の教育について話してきました。
こんな感じです。

=========================
トピックについて少し書いておきます。会の終わりまでに、日本の教育をグローバルにするために必要な3つの具体的な提案を出したいと思います。(これを後でエッセイにまとめたいと思います。)

Topic question: How to globalize Japanese Education(also discuss what our definition of “global” is and why being “global” matters)

Goal: Tokyo Global Society’s three concrete proposals to globalize Japanese education
Issues to keep in mind:-The lack of Japanese students’ motivation for studying abroad-The rise of China and the political/economic demise of Japan-Low global status of Japanese educational institutions (at least according to some ranking systems like QS)- I’d also like to focus on what is GOOD about Japanese education and what the West may learn from it as well.
Since we’re trying to advertise TGS as a group, I hope that it will turn out that TGS will play an important role in realizing the goals that we will be discussing!

もしTGSのようにグローバルな学生グループというものが日本にとってプラスだという結論に達すると、TGSの意義がはっきりします。。

Some possible solutions we found last time about globalizing Japanese education were-Sell the *exotic* factor to the world. Japan is a unique place which HASN’T been globalized and this can be to our advantage…-Housewives might be a new source of adult education… maybe they have the time and the money to enter the education market…-Japanese society must change- equal opportunities for women would help… -Japanese society must change to let young people take RISKS. Must change the system which requires one set path for everyone… (新卒採用culture, discouraging MAs and PH. Ds… etc.)

前回のディスカッションにプラスして、いろいろと考えを固めていきましょう!日本の教育について、若い学生が創作的に考える。これこそTGSの原点だと思います。すばらしいセッションを毎週続けていきたいと思いますので、ぜひ、皆様のお力添えをいただきたいと思います。

==========================

最近私の頭のなかはTGS, Tokyo Global Societyのことで一杯です。価値観が同じ仲間と共に働いているのでお互いをとても大切にまた愛おしく思えます。同じ使命も共有できている。そして社会に対し自分の果たすべきことをみなそれぞれ理解しる。

日本に拠点を移して2年。

やっと自分に合う仕事が巡って来ました!!



posted by EV staff at 19:20| Comment(0) | Tokyo Global Society
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ