2010年02月17日

何でも出来ることは自分でする:イングリッシュビタミンの春の留学事前準備レポート ESTA 渡米前事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)登録終了!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

東京地方は明日は雪になるそうですー
私の住むさいたま市浦和区でもとっても寒く
現在2度。

さて、今日は昨晩終了したESTA(事前に電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization)のお話です。

2009年度1月からアメリカ合衆国へ入国する際には
ビザ免除国の日本も事前にオンラインで入国する旨を
伝えることが義務化されました。

よって今回春休み短期留学に参加する生徒さんもその登録を
昨夜しました。

どのように行ったかというとスカイプを使いました。

1スカイプ画面.jpg

@私が参加するお二人(一人は北海道から、もう一人は横浜から)
をスカイプ上でコンファレンスコールの機能を使いつなげ
一緒にESTAの画面を見ながら生徒さん本人が登録を行いました。

A登録中は質問が出たりもしました。

例えば

現在の居住国の下に

電話番号という項目があって
その下には以下の項目があります。

国番号
番号

横浜から参加のS君は「国番号ってなんですか?」
と質問。

「国番号とは国際電話をする際に割り当てられている
各国の番号なの。」と解説をする私。

他にも渡航情報という項目があって

搭乗する都市、という質問がありました。

「これはNARITAでお願いします。」と言う私。

つまりこれはどこから飛行機に乗るかという質問。

すべての日本国民が日本からアメリカに飛ぶとは限らないので
こういう質問もある。

面白かった質問は、

「あれ、これ日本語で記入しちゃいけないのですか???」

この気持ちとっても良く分かる。

だって申請者情報を書く欄の真上にはこう書いてある。

すべての回答を英語(ローマ字)で入力してください。必須項目は、赤の星印が付いています。 *.

1ローマ字記入.jpg


それでもこの申請者情報の質問事項はすべて

日本語表記されている!


「誰だって混乱するわよー」と私。(本気の私。だって私はいつも英語版しかみないからこういった混乱状態にはならないから。)

少し落ち込むS君。

北海道から参加のKさんは高2。

とっても頭が良い子で日本語を読むのが早し理解も早い。

彼女は全体を通してパアパアと申請を終了。

すばらしい!

B午後8時に開始したスカイプでのESTA登録は40分後の8時40分に終了。

ESTAに興味のあるかたはこちらをご覧下さいー

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_c630BA054-919E-4DD3-E7C9-1AE43715FEFB_k15EE3AA5-B921-F914-D2C8-B4547052EDE2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Powered by さくらのブログ