2008年12月22日

理系の大学生さんに捧げる英語学習法

先日機会があって出合った理系の大学1年生さんに質問をされましたので
みなさんにもご紹介します。

Q:英語は嫌いではないのです。でもどうやって勉強をしたらいいのか分からないのです。

私の質問はあなたはまずは英文を英語の流れのまま右へ右へと理解できますか?

例えば、

The hot dog I had at Stanford Shopping Center last week was delicious.

そのホットドック、私が食べた、スタンフォードショッピングセンターで、先週、は美味しかった。

英文を深く理解するには以下の2つの練習をされるといいと思います。

1. 英文の流れに沿って英語の塊りとともに右へ右へ読む。
2. パラグラフ、もしくははじめは1文でも大丈夫なので、まずは読んでみて、覚えている内容を紙に書いて(出来れば英語で)まとめてみるのです。

内容を理解しているか自分でサマリーをします。5W1H(who, what, when, where, when, how)の確認するといいと思います。

もし学校のお友達で一緒に勉強できるかたがいればその時は口頭で(できれば英語で)まとめてみるのも物凄くよい練習になります。

英文を深く理解するには日本語を使わず英語のみで考える癖をつけることが必要です。

慣れれば実は日本語に訳すよりず〜っと簡単です。(だって英語の文法では動詞はすぐに来るけれど、日本語では最後なので流れの違う言語を行き来するより、よっぽど楽なの。)

そして仲間を作りこのサマリーの練習を続ければ、英語を英語で理解し記憶する時間が(記憶保持能力が高まるので)英語で読んだ情報を英語でまとめる力が生まれす。これができれば鬼に金棒です! だって社会人でもこの英語の情報を聞いてすぐに英語でサマリー出来る人は本当に少ないのですから。

大学生さんたちならまだまだ時間があるので、文系で可愛い女性たちと一緒に英語を学ぶサークルでも作ってがんばってみて下さい〜

簡単な文章をたくさん読んで、聞いてみて下さい!

それでは一緒に練習してみましょう〜

練習例:


The hot dog I had at Stanford Shopping Center last week was delicious. The sweet, mild tart of the cucumber mix was a great complement to the meat. And best of all, the bun was perfectly light and fluffy.


そのホットドック(何を=What)、私が食べた(誰=がWho)、スタンフォードショッピングセンターで(どこで=where)、先週(いつ=when)、美味しかった。(どのように=How)

甘くて、少しだけ酸味があるきゅうりミックスは、ソーセージの味にぴったりマッチしていた。

そしてなんと言っても、ホッドドック用のパンは、完璧だった、軽くフワフワで

hotdog2c81b4ec9425fd4ac.jpg
©Yahoo

http://www.stanfordshop.com/
Stanford Shopping Centerはスタンフォード大から車ですぐそばです。お花が咲き乱れるとてもステキなショッピングセンタです。

こんな感じです!

頑張って下さい。

理系の大学生のみなさん、日本の未来はあなたたちにかかっています。

心からあなた達のことを応援しています!!!
この記事へのコメント
English Vitamin Blog: 理系の大学生さんに捧げる英語学習法
Posted by gucci かばん at 2013年07月20日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24613449

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ