2008年11月13日

今日は、英語圏で通用する効果的な人脈作りネットワーキングスキル(アメリカでのビジネス編、おさらい編〜

好印象を与えるネットワーキング法


1. Get in=感じよく自然な会話をスタートさせるコツ(第1回目)
2. Get connected=相手の気持ちを掴むコツ(第2回目)
3. Get out=感じよく自然に会話を終わらせるコツ(第3回目)


状況:

あなた(あきこ)はラスベガスで行なわれている鉄鋼関係の国際展示会に来ています。勇気を出して見知らぬ英語圏からの人と自然な会話をスタートしネットワーク(業界で人脈を作ろうと)試みています。


1. Get in==感じよく自然な会話をスタートさせるコツ


私が体験した2通りの自然な会話をスタートさせる場面
場面1


· 視線を感じる・目が合う

· 笑顔〜(相手が笑顔で迎えてくれない場合は遠慮すること)

· Oh, Hi~



場面2

· 側に立っている人が話しかけてくる

· 私達の回りの様子を話し出す

· 私も相手を見て感じの良さそうな人なら話し出す




日本人が注意するべきこと

いきなり自己紹介などしないこと!

英語や英語文化になれていない日本人は暗記している自己紹介の文章を長々話す人がいるけど、それはNG。


こんな風にHi, my name is Fumiko Nakagawa. I am a marketing director for Temco Industries in Tokyo. Our company is a leading steel maker as well as a supplier of aluminum and copper products.



と、フラットな英語でまくし立てられたら相手に逃げられる。

見知らぬ人とネットワーキングをするのだから緊張するし日本では見知らぬ人と話す習慣はない。しかし見知らぬ人と話す習慣がある英語圏の人とていきなりわわわ。。。とまくし立てられれば逃げたくなる。



話をはじめるときに覚えておくこと

· ここで大切なのは柔らかく自然に会話をスタートさせること。この時に大切なことは天気、会場での出来事など初めて会った二人が共に理解可能な内容にすることが大切。

· ネットワーキングで大切なことは相手にフォーカスすること。

· 相手の話をよく聞きそして心のこもった話をすること。



また、すぐに名刺を渡さないこと!

まずは相手がどんな人か確認しお互いこの先も連絡を取ろうと思える相手にのみコンタクト情報、名刺を渡すのが賢い選択。

アメリカ人やどこの国の人でも名刺を配りたがる人がいるがそれも要注意。




2. Get connected=相手の気持ちを掴むコツ


それは相手にフォーカスすることでしたよね!

アキコは以下のアドバイスを的確に守っています。

· 柔らかく自然に会話をスタートさせること。この時に大切なことは天気、会場での出来事など初めて会った二人が共に理解可能な内容にすることが大切。



Akiko: Those donuts look delicious.
Sandy: They do, but they are probably not the healthiest food for breakfast.

さあ、あきこはこの後どんな風に会話を展開すれば話が途切れないのでしょうか?


· ネットワーキングで大切なことは相手にフォーカスすること。
でしたよね?



ここではドーナッツが話題になっています。よくサンディの話を聞いているあきこは「そうだ、どうしてこの人は、ドーナッツが美味しそうと同意しているのに、but they are probably not the healthiest food for breakfast.」と言っていることに気が付きます。

そこであきこは、「じゃ、この人は毎朝どんなものを食べているのだろう?」と思いこう質問します。

Akiko: What do you usually like to have for breakfast?

このあきこの質問はとてもよい質問です。

その理由は次の4つにあります。

1. あきこがサンディに興味を持っていることが分かる。
2. あきこがサンディの話を良く聞いていることが彼女に伝わる。
3. この1と2の事実がサンディにとってあきこがフレンドリーな人という判断材料になっている。
4. ネットワークをする際には、自分のことではなく相手に焦点を当てOpen-end question (これはyes or noとかで終わらない質問のことを意味します。)で話を続けることによりスマートな相手ならばあなたが気を使っていることを理解するからです。


アキコとサンデイは話を続けます。



Akiko: Those donuts look delicious.
Sandy: They do, but they are probably not the healthiest food for breakfast.

Akiko: What do you usually like to have for breakfast?
Sandy: Well, if I have time, I like to cook an omelet. But of course that’s only on the weekends. Usually, I don’t even have time to grab a bowl of Frosted Flakes.
Akiko: I’m sorry, what are Frosted Flakes?
Sandy: Oh, they’re a type of cereal that’s popular here in the U.S.
Akiko: Ah, I see. So you’re saying you skip breakfast a lot?
Sandy: Yeah, it’s pretty rare these days.



誠実なアキコはサンディに焦点をあてていますね。


これは大変感じの良い行為です。どうして感じがいいと分かるのでしょうか?

それは英語圏の文化「軽い話、スモールトークと効果的なネットワーク作りの鉄則」を守っているからです。


1. 相手のの話を良く聞くことが大切。
2. 朝ごはんの話、つまり論争にならない軽い話をはじめたことであきこがフレンドリーな人という印象を上手にサンディに与えた。
3. 相手の言っていることを確認する質問をした。
4. 以上のような行為があなたの誠実さを表す助けになりますから。

ここからはマジックワード、そう、By the wayを使って自己紹介をしたりお互いに情報交換をしたりします。


Akiko: I usually skip breakfast too because I’m so busy. By the way, I am Akiko Nakagawa. (握手をするために右手を出すあきこ)


Sandy: I’m Sandy Chen. Nice to meet you. (あきこと握手するサンディ)
Akiko: Nice to meet you too. Which company are you with?
Sandy: I’m a project manager for Metalworks, USA. We mostly handle building construction. And yourself?
Akiko: I am a marketing director for Temco Industries in Tokyo Japan. Our company is a leading steel maker as well as a supplier of aluminum and copper products.


スモールトークからビジネスに切り替え自己紹介をする時の魔法の言葉が

By the way です。




もうこれは決まり文句なので必ず覚えましょう。


ここからは仕事の話にフォーカスします。


3. Get out=感じよく自然に会話を終わらせるコツ(第3回目)


さあ、ここまでのアキコとサンディの会話をおさらいしましょう!

Akiko: Those donuts look delicious.
Sandy: They do, but they are probably not the healthiest food for breakfast.

Akiko: What do you usually like to have for breakfast?
Sandy: Well, if I have time, I like to cook an omelet. But of course that’s only on the weekends. Usually, I don’t even have time to grab a bowl of Frosted Flakes.
Akiko: I’m sorry, what are Frosted Flakes?
Sandy: Oh, they’re a type of cereal that’s popular here in the U.S.
Akiko: Ah, I see. So you’re saying you skip breakfast a lot?
Sandy: Yeah, it’s pretty rare these days.


Akiko: I usually skip breakfast too because I’m so busy. By the way, I am Akiko Nakagawa. (握手をするために右手を出すあきこ)


Sandy: I’m Sandy Chen. Nice to meet you. (あきこと握手するサンディ)
Akiko: Nice to meet you too. Which company are you with?
Sandy: I’m a project manager for Metalworks, USA. We mostly handle building construction. And yourself?
Akiko: I am a marketing director for Temco Industries in Tokyo Japan. Our company is a leading steel maker as well as a supplier of aluminum and copper products.


そしてお互いに現在どんな関連の仕事をします。そしてお互いなにか助けることができれば連絡を取り合おうと話すのが通常のネットワークの流れです。


もし会場ではなく朝食やランチなどで同席したならきっともっと別の話(例えば家族の話とか)にもなります。


別れる際は、この決まり文句を覚えておきましょう!


Well, I don’t want to take up any more of your time. It was nice meeting you.


この言い回しはネイティブならだれでも知っている別れ際のサインです。


「あなたのお忙しい時間をこれ以上わたしのために使わせては申し訳ありませんから」という意味です。


Fumiko: Well, I don’t want to take up any more of your time. It was nice meeting you.

Sandy: It was very nice meeting you too. Thanks for you help.

Fumiko: You’re very welcome. I’ve enjoyed talking with you. Could I get your business card so that we can talk more in the future?

Sandy: Absolutely. Let me have your cared too.(お互いに名刺交換をする)

Fumiko: Thank you. I hope you enjoy the rest of the conference.(ここでおわかれの挨拶の握手をする)

Sandy: You too! Talk to you later.


もう一度おさらいします。

ネットワークで大切なことは、


· 大切なのは柔らかく自然に会話をスタートさせること。この時に大切なことは天気、会場での出来事など初めて会った二人が共に理解可能な内容にすることが大切。

· ネットワーキングで大切なことは相手にフォーカスすること。

· 相手の話をよく聞きそして心のこもった話をすること。



会場で別れた後、会社に戻った時にフォーローアップのメールが出せれば最高です!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22802387

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ