2008年09月26日

ワシントンミュチュラル破綻

みなさん、こんにちは。

実は今、夫からの留守伝を聞いて知ったのですがワシントンミュチュラルが経営破綻をしたそうです。

wamu. yahoo piccapt.cps.nsb63.260908093332.photo01.photo.jpg
©yahoo news

私たちは2001年〜2006年にシリコンバレーのクパチーノ市に住んでいて夫が日本に引き上げる時にWamuに預けておいた定期預金を日本の住所に移し帰任しました。

同社のサイトに行くと、

すでに「Wamuのお客様、JPMorgan Chaseへようこそ!」と

大きく書かれており、それをたどって行くと(ちなみにWashington Mutual は短くしてWamuといわれています)

WaMu Customers, Welcome to JPMorgan Chase!
We're proud to welcome you to one of the nation's largest banks; as of September 25, 2008, JPMorgan Chase & Co. has acquired the deposits, loans, and branches of Washington Mutual. Your deposits remain insured by the FDIC and are now also backed by the strength and security of JPMorgan Chase. Our combined company will offer superior banking convenience - over 5,400 branches and 14,000 ATMs in 23 states.



「アメリカ合衆国最大の銀行の一つであるJPMorgan Chase
へようこそ。
2008年9月25日付けでJPMorgan ChaseがWamuの預金、ローン、そしてWamuの全ての支店を買い取りました。 あなたの預金は今まで通りFDICに守られているので安心して下さい。 そしてこれからはJPMorgan Chaseの金融力の強さとセキュリティで皆さんの預金をお預かりします。JPMorgan ChaseとWamuの両社を併せると、国内23州に5400の店舗そして14000現金自動預支払機を使用することができるようになり、皆さまには大変便利なシステムをご提供することが可能となります。」

ここ数ヶ月くらいは本当にWamuが危ないと夫と毎日株価をかかさず見ていた私たち。

リーマンショックでも分かるようにアメリカの金融市場は株価だけでどうのこうのと言っている場合ではない。

先週はとっても心配になってきたので直接日本からFDICに電話を入れて次の三つのことを確認もした。

1. もしWamuが破産した場合、預金者にはいつ預け入れた金額が戻ってくるのか?
2. 利子も確り守られているのか?
3. 私たちの住所は日本ですが預金を日本に送ってくれるかどうか。


FDICのサイトにはこんな風に書いてあって何かアメリカ国内しか責任持たないって感じに聞こえたので不安になっていたし。

Federal deposit insurance protects the first $100000 of deposits that are payable in the United States.


電話の向こうの担当者は3の質問に対して素直に「私には分からないのですぐに確認してきますのでお待ち下さい」と言って席を離れた。

3分くらいしたら戻ってきて、「大丈夫です。預金に登録してある住所に全ての預金は自動的に送られます。もちろん日本でも大丈夫です。」と確りとした口調で答えてくれた。 安心した。

1の答えは、「歴史的には金融機関が破綻して数日後には消費者のみなさんの元へ預金はチェックで送られます。」と言ってくれて、これまた安心した。

しかし、この歴史的と言う言葉には重さがあった。

44年間生きてきて、自分の銀行が破綻するなんて。

まあ、考えてみれば私が7年間日本にいない間に日本の銀行は再編し、今、同じことがアメリカで起きているという感じなのだろうか。

私たちの預金は大丈夫そうだけれどまだ、一抹の不安は残る。。。。。
posted by EV staff at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20067061

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ