2008年09月01日

ベガスの恋に勝つルール

皆さん、こんにちは!ルリ子です。

今週末も雨でしたね。皆さんはどうすごされましたか?

夫が映画が見たいね〜と言うので近所の映画館で
「ベガスの恋に勝つルール」を見て来ました。

キャメロンディアスのファンなので見たい作品でした。

この映画はタイトル通りベガスで出会う男女4名の話。 

夫も私もベガスには何度も訪れたことがあり
どこのホテルでロケしたんだろうね〜とかどこかレストランは映るのかな、なんて盛り上がっていました。(しかしベガスのシーンは本当に映画の始まりの数分と映画が終わってからの数分でちょっとがっかり。)


poster.what happens in vegas.jpg


映画の方はと言うと、とってもいい感じのラブコメでした!
What Happens in Vegas was a very good romantic comedy!
(日本語ではラブコメだけれど英語ではromantic comedyといいます〜)

主人公はジョイ(キャメロン)とジャック(アシュトン)。

ジョイはフィアンセに捨てられジャックは仕事を首になり共に親友を連れてラスベガスへ。

ホテルの勘違いで同じ部屋に。先に到着しシャワーを浴びるジョイや下着姿で部屋にいた友人はジャックと彼の友達(弁護士・男)が部屋に入って来たのでもう大変。

わめき声にスプレーで相手の目を目掛けたりそれはもうハチャメチャ。

それでも意気投合し飲めや歌えや騒げの一夜を共にします。

翌日の朝、ジャックはジョイがプレイしていたマシーンで彼女にもらった25セントで300,000ドル(三億円くらい)を当てたのです!

あまりストーリーを言ってしまうとこれから見る方がつまらないと思うので
私の感想を書きます。

この映画にはメッセージがあります。

ジョイはある日お金より大切なものは自分の幸せ、そして本当の幸せとは、に気が付くのです。

それはジョイが最後の方のシーンで言うのですが「私は回りの人を喜ばすことに忙しくて自分の本当の幸せが見えていなかった。」

そうです。皆さん、我がままになるのではなく自分の幸せを考えることは本当に大切です。 

自分を大切にし自分の生き方、考え方を持つことで本当の友達を作りことが出来る。

精神的にも経済的にも自立をする。そうすることで純愛が探せると私は信じています。

仕事も。仕事も純愛で探さないといけない!

ジョイは経済的には自立していたけれど精神的には自立していなかった。

この映画のはじめから70分くらいまでのジョイは彼女の心の奥深くに潜んでいる自分の気持ちが見えていない。

でもジョイはジャックに会ってありのままの自分が出せる幸せを知る。

ところでこの映画は次はどうなるかが予測しやすい映画でした。

でも本当に楽しいし、主役の二人の相性がとっても良くてステキでした。
posted by EV staff at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | From Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18644623

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ