2011年08月17日

Art of the Presentation:英語ビジネスプレゼンストーリーを組み立て





皆さんこんにちわ。English Vitamin/Design Your Own Futureのグローバルスキルゼミの現場からお伝えします。

今回はレッスンの風景をアップしました。グローバル営業を目指す、IT系大企業の生徒さんのスカイプレッスンです。現在シリコンバレーにて研修中です。スカイプやGoogle Talkのおかげで、今は海外からもレッスンを簡単に受けられます。

何度もプレゼンテーションを作り直し、今日は特にストーリー作りを含んだプレゼンの組み立てについたレッスンを実施しました。

ただ事実を伝えるというところから、ストーリーを聞いてすべてそこから事実がつながっていく。このような高度なプレゼン技術を日本人がつけることは難しいことですが、バイリンガル進行でレッスンを続けるうちに、生徒さんはどういうニュアンスを組んだ方がいいかを悟ってきています。

では、進行をご覧ください!

レッスンのポイント

-概念(general) から入っていってから、具体例(specific examples)。

-聞き手に「なんで?」と思わせて、Tensionを作って、それから安心させてあげる。パワポにはすべて書かない。書いてあるものを読むだけではだめ。


例:

話し手:I think Skype is a rocket. スカイプはロケットのようなものだ。
聞き手:なんでロケットなの?
話し手:Skype is a high speed rocket with high technological potential about to take off. スカイプは、これから発射されるポテンシャルが高いロケットだ。


(注:スカイプレッスンをそのまま収録しただけですので、一切加工はしておりません。)

=================================================
世界中どこからでもオンラインでレッスンを受講することが可能です。
詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.englishvitamin.com/online/features.html

お気軽に何でもお問い合せ下さい。
もちろん日本語でOKです。

English Vitamin Inc.

・E-mail:info@englishvitamin.com

東京自由が丘オフィス
TEL:03-3723-2824
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘1-4-10 カランタ1966 301号
(※東急東横線・東急大井町線「自由が丘」駅北口 徒歩3分)
Powered by さくらのブログ