2010年11月29日

就職氷河期:人と同じことをしていては就職できない!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コミニュケーションコンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「就職氷河期:人と同じことをしていては就職できない!」です。

先ほど私の親友で大学教授の友達からメールがありました。

その内容は、
この日本を再生するには若い人たちに希望を持ってもらうしかない。
そのためには日本の横並び教育を受けてきた若者の意識を改造しなといけない。
就職活動で痛めつけられている若い人をどうしたら元気にできるか、それが私の
目下の課題。

みなさんはこの問題についてどう思いますか?

私の意見はこうです。

まずは今は時代の転換期だということを若い人に理解してもらうことが大切だと思う。そして今の日本の大学にいては将来は切り開けないことも理解するべきだと思う。日本の大学を早く卒業してアメリカの名門大学院に進学し専門職としての道を切り開いた方が今日本の大卒で
就職をきめている学生たちと同じくらいまたはそれ以上の未来が待っているはず。

アメリカの大学や大学院で学べば世界のエリートを輩出している教育システムを体験しながらアジア圏の優秀な学生たちと出会える。そうすれば彼らの考えていることすなわち文化習慣なども理解することができるチャンスもある。厳しい学びの場でお互いに切磋琢磨しながら成長できる。このくらいしなければ日本の優良企業にも就職できなくなります。

後5年もすれば日本企業にはかなりの割合、下手をすれば3割くらいまでの比率で外国人社員が働くようになります。彼らの言語能力(母国語、日本語、英語)や専門職としてのスキル、自分から動く力は学ぶべきものがあります。日本人のお勉強だけができ素直な良い子である大卒者には見られないような優秀な専門性を持った外国人が普通に日本企業で働くようになる。

そういった人材が多様化されている企業では楽天などスーパー日本企業と違い
社内の英語化を義務づけるなどといわなくても自然に社内文章は全世界で共有できるように
英語、そして日本のオフィスでは日本語が話され、中国では中国語、タイではタイ語、オランダでは
オランダ語、アメリカでは英語、ブラジルではポルトガル語が使われているはず。

日本の教育システムのみであがってくると世界の土俵にも入れない。たとえ英語ができたとしても
それだけでは土俵のなかで勝負するまでの力には及ばないということを理解しなければいけない。
去年早稲田のビジネススクールで会計学を教えていた外国人講師がこう言っていた。
「日本はどうして英語、英語、英語、と英語教育にだけ力を入れているみたいだ。ばかげているよ。専門職以外は仕事がないのが現状なのに。英語ができるだけでは仕事はみつからないよ。」その通りです!

ある意味就職が世界戦になった今は実はとても大きなチャンスです。だって高い専門スキルを身につければ日本企業以外にも就職の道は多くあるわけです。何百枚も就職時にエントリーシート
を書くなんてばかなことはしなくてもいいわです。自分に力をつけ自分が望む企業にだけ
就職活動をすればいいのですから。

それに就職難なのは日本の大学生だけではないのだから。アメリカもヨーロッパもそう。中国だってそう。就職ができない多くの4大卒の若い人には同じ理由があると思う。就職ができない学生は世界の情勢をみていないのだと思う。英語圏に住む頭のいい子は(勉強ができるとかではなくて)イギリスのエコノミスト誌、ニューズウイークなどをチェックしている。また親が
確り教育している。食卓で居間で政治のことも経済のことも話す。日本ではそんな風景はある?

そしてまずは人と同じことをしていては目立たない。
だから中国でも韓国でもインドでも優秀な学生はアメリカやイギリスの名門大学や大学院に
留学して自分の専門分野を切り開こうとしている。
もう専門職でないと仕事がない。
ある特定の専門職になるまでには結構時間がかかる。
学歴では博士号が必要になるし。

高い志を持って死ぬほど学び
そして専門性をつけどこの国の企業でも
若い日本人を採用してくれるのだから。
もちろん遊ぶときにも思い切り遊ぶべきです!

これからは専門職としてのスキル、人間力、思考力、表現力が必要な時代。
異文化理解やその活用もとても大切です。
これがこの20年間アメリカ、日本、オランダで学び働いてきた私の意見です。

今日の結論、日本の大学にいては就職氷河期は乗り越えられないです!
posted by EV staff at 19:54| Comment(4) | From Tokyo
Powered by さくらのブログ