2010年04月26日

日本株式会社の社長さんたち、英語力を測るのにTOIECの得点だけを見ないで下さい。それよりも「とことん食いついて議論する力をつけて来い!」と言って下さい!!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今週末友達と浦和から大宮まで散歩をしながらいろいろな話を
しました。

彼女は大手精密会社に勤務しています。
その彼女から「ルリちゃんが言っていた通りね。TOIECの点数って
あてにならないのね。」言われました。

話を聞いてみると、先週彼女の職場のMさん(定年後に再雇用されたおじさん)とSさん(TOIEC満点30代後半)の二人がアメリカの顧客先に出張に行き彼女の職場とテレビ会議をしたそうです。
日本にいると俺は英語が出来るのだかぜを吹かせている彼も
外地やネイティブの前にでると意気消沈でまったく英語がです
再雇用のMさんのほうが意思疎通をしっかりしていたそうです。

実はこの手の話とっても良く聞きます。
先日シリコンバレーに行ったときも現地の高校で教鞭をとる
友達に同じことを言われました。 
「ルリ子さん、なんなの、日本の人は。TOIEC満点で英語が
できると言ってきたのに、うちの生徒の目をみて話もできない
社会人が来たのよ!」

私はこの20年間同じことを繰り返し、繰り返し、アメリカ在住時に
言われてきました。オランダ在住時にも同じようなことを言われました。

日本人が英語を話せないというのは先進国では結構有名な話なのです。

どうして日本人は英語が話せないのだ。エリート層なのに話せない。韓国人も中国人も話せるのに。(確かにそう。)

google mainlobby.843794116_JDsyh-M.jpg

80.20843794262_79u2y-M.jpg

上:グーグル本社ロビー
下:**グーグル社の有名な80−20ルールの話を日本から訪問して
いる高校生に説明するジョンさん。イングリッシュビタミン主催の
春休み短期留学に参加したとグーグル社を訪問2010年4月1日。
撮影:Yuki Hashimoto
http://gallery.yukiphotography.com/

二年前にはグーグルの本社マウンテンビュウでも現地の社員に同じ質問をされました。「ルリ子、どうして日本人て英語が話せないの?みなグーグルに入ってくるのだから優秀なことは分かるのよ。でも英語+コミュニケーションがイマイチなの?」

彼女には日本の英語教育のシステム、成績が全ての大学入試試験のシステム、大学受験で燃え尽きて大学ではあまり勉強しない学生の実態、大卒者は企業に入社してから教育するのだ!学生はおとなしく言うことを聞け的な、ある意味北朝鮮的な一方的な独裁システムがあるからかなと答えました。

本当にこれは日本の文部省をはじめとするお役人がいかに
20年間も現場重視をせず(だってある程度上記のようなことが
おきていることを海外視察を通して分かっているのに適当な
表面的なひな形に合わせたレポートを書いてきたか、もしくは
優秀な部下が詳細なレポートを書いても無視をしてきたかです。)


↓ここからが今日のポイント!


役人や社会が変わるのを待っていてはいけません!!
TOIECの高得点だけではだめです。
一対一の信頼関係を構築する力が必要です。
裸一貫で勝負する力が必要です。友達になる場合も
ビジネスも一緒です。相手国の言語、文化、習慣を学ぶことが
大切です。一番大切なのは文化&習慣を理解することです。

生涯通用する英語とか、グローバル英語とか、TOIEC高得点取得とか心配する前に*Tokyo Global Societyに来て自分の可能性を試してください。英語議論したい人も大歓迎ですよ。東京近郊以外のかたはスカイプで参加して下さい!

詳しくはこちら:http://tokyoglobalsociety.com/post/discussion/

社会人は一所懸命に働き、学生は一所懸命に学び、そして一緒に
一生懸命に遊びましょう。
http://tokyoglobalsociety.com/post/casual/

私は最近Tokyo Global Societyの活動のなかで日本人の大学生
大学院生&留学生と話す機会に恵まれています。仲間を増やし自分の可能性を試すってとってもステキです。

*Tokyo Global Societyとは

ミッション:グローバルなリーダーを輩出する。

日本人と留学生が互いの価値観を交換して成長する場とし、
そのための活動として、@毎週土曜に多様なメンバー同士でお話しする機会がある(ランチ、ディスカッション)
A本当の日本を知るために、日本人と留学生と少人数で出かけている(ツアー、B-side)B活動を全てwebsiteで発信している(留学生にとっては、日本でやったことの証)

ディスカッションのテーマは
TGSメンバーの誰かがグローバルな視点で話をしたい
と思ったことを選んでもらい、それに興味のある人
または、ぜひ話をしてみたい人に個別に呼びかけて
小さなディスカッションを作っていこうと思います。

興味のあるかたは私までご連絡下さい!

info@englishvitamin.com

**グーグル80、20ルールとは同社の時間管理の考え方。

就業時間の8割を通常業務にあて、残りの2割は
今までにない新しいイノベーションを自ら考えだし
生み出さなければならない労働時間の割り当て。

言われた仕事だけこなしていてはグーグルの社員に
なれないのだ。
つまり創造性がない社員は首になるのだ。






posted by EV staff at 20:10| Comment(0) | Tokyo Global Society
Powered by さくらのブログ