2010年04月19日

海外で暮らす意義

みなさん、こんばんは!
イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「海外で暮らす意義です。

もちろん、海外で暮さなくとも長期に渡り一人で世界旅を
したりするとホステルで同年代の外国人の友人が出来たり
地元のスーパーに行ったり、美術館回りをして刺激を受けたり
いろいろあります。

今日のお話は先日Tokyo Global Societyのお花見でお会いした
アメリカ人留学生(大学院生)のお話しです。

彼の名はMさん。

彼は日本よりもトウキョウが大好きだという東海岸のバージニア州出身の人です。Mさんは日本語がとても流暢で大半は日本語で話しました。

彼は大学では交際関係学を学んだそうです。
実は彼の大学院の話はあまり聞きませんでしたので何を現在
勉強しているかは分からないのですが。。。

どうして大学院の専攻を聞かなかったかというと、彼は現在
とても優れたカードを開発中でその話でもりあがってしまったからです。

だって、彼のビジネス構想に投資しているのはシリコンバレーの
投資家なんですもの!

トウキョウでの生活のなかからとても便利なものを発見し
それをグローバルなネットワークで売り出す。
はい、全世界へワンステップです。

もちろん、まずは先進国になるのだろうけれど。
現在は日本とアメリカで特許を申請中なのでまた商品が
リリースしたらこのブログでも紹介しますね。

海外で暮らす意義とは自国にないものを発見する絶好の
機会なのですよ。みなさん!

自分の国とは違う言語。

自分の国とは違う習慣。
自分の国とは違う教育。
自分の国とは違うしつけ。

実はイングリッシュビタミンってiPod用の英会話レッスン(日米の文化差を学べるビジネスレッスンや人付き合いの社交能力レッスン)を日本で初めてリリースした会社なのですよ!!

2005年夏のiTues日本ストアオープン時したその日にはポッドキャストに登場していたのです!!

そして2005年〜2006年の春ごろまでトップランキングに咲いていたのです。

2.podcasting.2005_1129Image0036.jpg

一番上の右側がイングリッシュビタミンのポッダー。
http://www.englishvitamin.com/podcast/index.html

一駐在員の妻がシリコンバレーで立ち上げた会社。

私のビジョンとアップルのiTuesの構想がたまたま重なった。
これは私が20前にアメリカに留学している最中にある滞在先のホテルで出合った、Pay Per Viewというシステムのお陰。

これって今でいる「オンデマンド」。
好きな映画を1本ずつ見ることのできるサービス。

一留学生としてトウキョウで生活している、Mさん。

私の未来を開いてくれた私の過去。

数年後、Mさんの開発しているものはどうなっているのでしょうか?

海外で暮らす意義の一つには「自分の国にもこんなものがあったら良いなと思えるものにいくつ出会える」こと。
posted by EV staff at 22:31| Comment(0) | Tokyo Global Society
Powered by さくらのブログ