2010年03月26日

日本びいきを増やせ!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日のトピックは「日本びいきを増やせ!」です。

平成22年2月2日よりスタートしたTokyo Global Society.

現在私たちが動いている大きなプロジェクト、それは

"JAPAN SO BEAUTIFUL"となずけられたもの。

留学生に日本のクールな伝統文化、食べ物、歴史、ファッション
マンガ、ソーラーパネルなどのエコ技術などを紹介するのだ。

ご案内役は日本の大学生。日本の大学生は留学生の目を通して
新たな日本の価値を発見できる。つまり日本再発見=異文化体験ができる。東京にいながらにして多様性を学べる。

そして留学生は同世代の日本の大学生を通して深く日本の文化や
生活を体感する。

全ての活動は大学生&留学生が中心となって運営する。

まだまだあるけれど徐々に公表していきますね。

東京にはたくさんの留学生がいる。

でも日本の大学生と深く付き合っているのはほんの一握り。

日本人の大学生も自分たちだけれでは留学生に出会えない。

英語、多様性な文化などにもなんとなく興味はあるけど自分たちの
回りには存在しないし街で知らない外国人とも話せない。

日本の文化では見ず知らずの他人とは話はしないのだ。

私はこのTokyo Global Societyを通して必ず東京でも日本人と
外国人がおざなりではない、人と人として付き合えるコミュニテイを同士たちと創りあげるぞ!

そして日本びいきを増やし5年後10年後には世界にたくさんの
日本ファンを配置し日本人が現地に行った時に今度はそれぞれの
国で今度は、America, So Beautiful Hong Kong, So Beautiful
Nairobi, So Beautifulなど今度は日本人にそれぞれの美しい国を
紹介して欲しい。

私の同士、青山プレップスクールの井上さんのブログも
合わせてお読み下さい。

http://mypath-migiue.blogspot.com/2010/03/blog-post_20.html


私も毎日何度も繰り返し井上さんのブログを読み勇気をもらっています!

みなさんもぜひ!!


明日シリコンバレーに行ってきます!
posted by EV staff at 00:04| Comment(0) | Tokyo Global Society

2010年03月18日

まずは行動することが大切 行動→態度→純粋な自分の気持ちに到達する →自己確立=未来への扉が開く

行ってきました!春休み短期留学〜アメリカで高校生になろう〜レポートはこちらから〜
www.englishvitamin.com/abroad2010/report/


みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

ここ二三日とても暖かい日や寒い日が交互で来ていますね。
みなさんの体調はいかがですか?

今日のトピックは「まずは行動することが大切
行動→態度→純粋な自分の気持ちに到達する→自己確立=未来への扉が開く」です。

昨晩今回の春休み短期留学に参加するS君のお母さんと
スカイプでお話しをさせて頂きました。

その中で再認識したことがあります。とても大切なことだと
思うのでそのことを共有させてください。

それは行動を起こす大切さです。行動を起こし純粋にその行動を等して自己観察し自答するプロセスを体験することにより次つまり未来が鮮明に見えてくる大切さを再認識したのです。

昨日の対話を通して学んだことはイングリッシュビタミンの短期留学に参加して欲しい親子像が私の中で明らかになったということです。

それは一言で言えば
●お遊びの留学ではないということです。●

そして次の三点を共有できる親子のみなさんに来年のプログラムでぜひお会いしたいと思います。

@渡米前英語&日米異文化研修の意義を理解し一緒に楽しくがんばれる生徒さん。

Aアメリカの学校生活を体験し同年代の学生がどのような生活を
しているか観察し学びその中へ飛び込みたい生徒さん。

Bこの留学は観光旅行ではありません。あくまでも教育にお金と時間そして愛情、忍耐、工夫を注ぐ留学プログラムです。


ここからはもう少し解説をさせて下さい。


@渡米前英語&日米異文化研修の意義を理解し一緒に楽しくがんばれる生徒さん。

イングリッシュビタミンの短期留学の目的はアメリカの高校生活を体験するということです。いきなり日本の高校生活とは違う環境に飛び込むわけですから混乱が起きます。

ですからまずは日米の文化習慣言語の違いを理解し
事前に体験してから臨まないと相当気持ちが凹むと思います。
それでなくとも通じない英語、だからこそ英語の文化や思考回路を学び本番に準備することが大切なのです。

日本からアメリカに長期・短期留学をするみなさんの多くは本物の英語も学べず、アメリカ文化にも同化することもできず、学校の単位や学位をとったことで満足して帰国するかたがほとんどです。

彼らは教科書や授業そしてマニュアルに沿って何かをこなせる人だと思います。そういう意味では優秀な人たちなのだと思います。
今までは東大、京大、慶応、早稲田などの名前があればよかったのだと思います。

しかし日本の企業が今ローバルという混乱きわまりない世界で働ける超職人、すなわち企業が求めているのはそのような単なる優秀な社員レベルではなく匠のレベル人材を求めていると思うのです。

匠のレベルに行くには教えてもらうだけでは不十分です。五感をつかい身に染みこませていく必要があるのです。そういった本質を参加する日本の高校生が気づく機会になればこの上ない幸せです。

イングリッシュビタミンの短期留学はグローバルな環境で本物のコミュニケーションが取れる人財育成の場なのです。



Aアメリカの学校生活を体験し同年代の学生がどのような生活をしているか観察し学びその中へ飛び込みたい日本の高校生。

アメリカというよりもここではピンポイントでホスト校のメンロースクールのお話しをしましょう。みなさんはメンローに飛び込みたいですか?

これがメンローのミッションです。

Menlo's missions is to empower students to explore and expand thier interests, reach thier fullest potential, develop the skills necessary for college and beyond, and become ethical, responsible, engaged members of ever-wider
communities.

要約すると

メンローの使命は生徒が大学そしてその後の自分の人生に自信を持ち自分の人生を自分でコントロールすることのできる力を養成することです。そして彼らには今までにはない広がりを見せる大きな世界で正しい倫理観を持ち社会的に信用のある人となる人材育成を目指しています。

彼らの中にある潜在能力の全てを引き出し興味のあるものに対し広く深く学べる環境を提供します。その過程で必要なスキルを育成します。


Menlo= Academics + Arts +Athletics

メンロー=
学業、芸術、スポーツをバランス良く身につけた人材育成。

広い森林が溢れているキャンパスのなか生徒たちは伸び伸びと学んでいます。そして何でも学生たちは自分から動きます。

ですから自分から行動を起こせない子は面を食らいます。

あまり細かなことを気にしすぎるお子さんやご両親には向かない
留学プログラムです。


Bこの留学は観光旅行ではありません。あくまでも教育にお金と時間そして愛情、忍耐、工夫を注ぐ留学プログラムです。



正直、イングリッシュビタミンの短期留学のように渡米前後英語&異文化研修を30時間もかけて行なっているところはないと思います。つまりこの短期留学で一番時間とお金を使いたいのは教育の部分なのです。

*1月には北青山のオフィスでの説明会。
*1月末にはさいたま市&北青山オフィスでの英語&異文化研修。
*そして表参道&原宿での青空英会話研修。
*2月〜3月末まで毎週スカイプによるプライベートレッスン。日常会話からプレゼンの準備まで。レッスンノートの提供→自分だけのオリジナル英会話本ができる。
*担当講師はスマートで完全な日米バイリンガルのクリス。

*メンロースクールでの授業参加&ホームステイ。

*帰国後の研修。

実は当初は二日間くらいの予定でグループで集まって研修をすれば
と考えていました。しかしメンローの阪本先生と話しているうちに
私の中で目覚めたものがありました。それは参加する生徒さんたちにメンロースクール学校内外でより輝いて欲しいと思ったのです。
それにはもっと時間をかけて準備することが不可欠だったのです。

正直少し迷いました。それは予定にないプライベートレッスンを
入れることで生じる会社としての赤でした。

それでも今回参加するS君、 Kちゃん、そしてクリスとの合同研修をするうちに彼らに対する私の気持ちがエスカレートしてしまいとても愛おしくなりました。クリスも匠的良い講師だし。

S君は海外に行きたい!早くアメリカに行きたい!という高1で
英語が上手です。高2のKちゃんは理系で英語は得意はないと申込時には言っていました。そんな彼女の偉いところは1月末の週末研修では土曜日に学んだことを理解し自分の中で消化し気持ちを切り替え日曜日には実行しているところです。そしてとても賢い彼女は彼女なりに考えすばらしいプレゼン資料を仕上げてきています。

事前研修が終わろうとしている今、結果としてS君や Kちゃんに
投資してよかったと思っています。


帰国したら留学レポートを出しますので楽しみにしていて下さい!


去年の夏からホスト校のメンローの阪本先生とこの企画を立てて
きました。

今回の短期留学は第一回ということもあって予測がつかないことも多々ありました。

例えば、告知したときには札幌からの参加者がでるなんて思っても
みませんでした。

そして名古屋、大阪、静岡、福岡など地方から問い合わせが来るなんても思ってみませんでした。

イングリッシュビタミンの短期留学プログラムを企画し行動を取ったことでこのプログラムに対する私の立ち位置や態度が明確になりました。

そして来年の短期留学プログラムにはこういった高校生が来て欲しいと描けるようになりました。未来への扉が開いたのです。

あたり前のことなのですが私も含めて人間だれしもそんなに
勇気があるわけではないし基本怠け者だと思うのです。

46年間生きてきた私は何度も新しい行動を起こしそのたびに自分の人生に必要なものが明確になってきました。どんな仕事をして、どんな人と仕事をしたいか、どんな人と結婚して、どんな場所に住んでということが行動を通して明確になったのです。

会社的には大きな赤字だけれど考えてみればその会社を引っ張る
私がたくさんのことを学ばせてもらっているので人材育成費と
考える。 

昨日のS君のお母さんとの会話のお陰でこのことを気付かせてもらいました。いつもどうもありがとうございます!!

彼女はとても丁寧で優しく彼女のためになら
動こうと思ってしまう人なのです。そんな彼女を母に持つS君はとても幸せー

そして全てはやはり対話から生まれるのですよね。

大切なのはコミュニケーションです。

行ってきました!春休み短期留学〜アメリカで高校生になろう〜レポートはこちらから〜
www.englishvitamin.com/abroad2010/report/

2010年03月11日

リアルなアメリカの職場を竹橋で再現します!

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの八巻
ルリ子です。

今日のトピックは「リアルなアメリカの職場を再現します!」です。

生徒さん1に対してアメリカ人講師2〜3人でリアルなアメリカの職場を再現するレッスンを行ないます!

レッスン料は大手の英会話学校のプライベートレッスン(40分、8000円と同一料金)

通常の英会話学校は生徒さん1名×講師1名

イングリッシュビタミンは生徒さん1名×講師2名〜3名

レッスンプランは生徒さんに合わせたカスタマイズ。

レッスン時間は相談。


場所は、竹橋の千代田プラットフォームです。
http://yamori.jp/

お問い合わせ:info@englishvitamin.com


講師は、

●アメリカ人のエリートサラリーマン×1
●アメリカ人のエリート大学生
(イェール大学4年生・哲学&政治学のダブル専攻)
●八巻ルリ子(株イングリッシュビタミン代表)

エリートサラリーマンは業種や受講目的によって担当が異なります。
イェール大学の大学生はイングリッシュビタミンの講師
クリストファー・ギブソンが担当します。
クリストファーは完全なる日本語と英語のバイリンガル・バイカルチャルです。

対象者は

●アメリカに近い将来駐在するビジネスパーソン。

●アメリカとビジネス関係が頻繁にあるビジネスパーソン。

●Stanford Business SchoolやYale School of Managementに行かれるかた。

●アメリカの大学に進学や留学をする方。




日本人がアメリカに行ってまず困るのは

@ネイティブの同僚同士の英語や同僚との会話のスピードについていけない。そして彼らが話す英語の文脈が掴めない。

Aビジネス文化や仕事の進め方が違うこと。
社外の相手との交渉、議論、社交の場で用いる英語レベルが足りないから自分はいつも蚊帳の外。

B自分の思考や主張を英語で明確に出来ない。



この3点を徹底的に鍛えアメリカに行く前に屈辱を味わってもらいます。私は長年アメリカ、オランダ、日本で優秀な日本人がアメリカ人に太刀打ちできないで苦しんできたのを見ています。

どこかでドラステックでリアルなアメリカの職場に近いトレーニングの場を作らなければいけないという気持ちで一杯です。

駐在が決まっている方は少なくとも3ヶ月前からレッスンを開始することをお薦めします。可能であれば6ヶ月前からがいいです。
死んだ気で学ぶ覚悟をしましょう。

駐在員ともなればみな最低でもTOIEC700点くらい持っていますので非常に単純な会話や日常の生活での会話は困りません。

しかし仕事上の微妙なディテールを含んだ内容の把握やそこから
醸し出る人間の心像や相手の受け取りかた、意見の肯定や否定など細かなところがボロボロです。

ネイティブ同士はいつも直接的な会話をするわけでもありません。
随所に比喩法や決して直接的な会話をしている訳ではありません。文章が途中で切れたり、話題がころころ変わったり、ネイティブ同士が話していると肯定か否定に向かっていることは分かっても第三者として聞いているときは細かな内容はさっぱり分からなくなるのです。

私たちイングリッシュビタミンと共に駐在や留学生活の準備をしましょう。

そしてご自身のペースを作りアメリカに乗り込みましょう!

Powered by さくらのブログ