2009年12月26日

クリスマスの夜に吉野屋で目撃した光景

みなさん、こんばんは!

イングリッシュビタミン代表の八巻ルリ子です。

今夜は聖夜。

そして夫は今日で仕事納め。

7時に家に帰ってくる予定が10時過ぎに。

そして近所の牛丼、吉野屋でのクリスマスごはん。(笑)

結婚して以来聖夜に吉野屋するのははじめて。

そしてそこで目撃したのは若い20代後半の若い男の子達。

ここにいるということは彼女はいないのかな、と思ったり。

それ以上に私の胸を切なくしたのは彼らの元気のない暗い表情。

意気消沈していて生活に疲れている感じだった。

今、35才以下の日本国民って正社員の数が減って
非正規社員の数が増えている人口だ、ということが私の脳裏に
走った。

高校無償化よりも、子供手当よりも、この若年層に対する
生活&自立学習(必要なら)サポートをするべき。

衣食住。そして医療。

こんな彼らがいる中でこの2009年12月25日現在でも日本の大企業には「働けない・働かない」ですんでいる50才以上の社員がたくさんいる。

そして私の夫や友達(35才〜50才くらい)の人口がこの使えない正規社員の分まで数人分働いている。

日本人得意の出来る人がやればいいがまだ残っている。

日本の経営者たちよ、何万人社員がいようが一人ひとりの働き度合いを自分で確認して、役に立たないでいる中高年を首にして!

そして若い人たちにチャンスを与えて下さい。

若い子だけが犠牲になる社会なんて、あってはいけないよ。
こんな社会に明日はない。

今、若くて非正規で働いている方は中国、インド、ブラジル
などの新興国に行って現地の言葉や文化を習い働くのもいいわよ。
今から行けば20年後にはあなたの生活が向上する可能性は高い。

特にブラジルをお薦めします。
人が明るいし優しい。

私は昔から(20年前くらい)日本の理不尽な縦社会が嫌いだった。
ちなみにそれは80年代後半で日本はバブルに向っていた時だ。

だから日本語を忘れても英語を学びアメリカで生きて行こうと
思ったし、日本の年金は当てにしていなかったので保険も一生涯保証のものを自分で計画を立て購入した。

縁があって日本人の夫と結婚し今は日本に住んでいる。

日本はあのころから何も変わっていない。
日本人、ひとりひとりはすばらしいのだが、公務員や大企業、特に公務員と教師たちがこの国を滅ぼしているようでならない。

こう思っている人は多いのだろ。

posted by EV staff at 00:17| Comment(0) | From Tokyo

2009年12月09日

心の悩みの答えは全て自分の中にある Heart Retreat

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

日に日に寒さが増してきた今日このごろですがみなさんは
お元気ですか?

今日のトピックは「心の悩みの答えは全て自分の中にある」です。

実は数ヶ月前ほど渋谷に私の親しい友人がセラピールームを開業しました。 専門はカウンセリングやヒプノセラピーです。

セラピールームの名前は、Heart Retreatといいます。
http://www.heart-retreat.com/first.html

私も仕事がら生徒さんのカウンセリングをするので
興味深く彼女のカウンセリングのページの説明を読みました。

すぐに目に入ってきたのは次の文言です。

心の悩みの答えというのは、ご自身の中にあるものなのです。
そして人は誰でも自分自身でその答えを見つけられる力を持っています。

http://www.heart-retreat.com/counseling.html
Copyright 2009 Heart Retreat. All Rights Reserved

その通り!と同感しました。

本当にそのお通り。

だってね、自分の幸せは自分にしか測ることができないから。
お隣さんの幸せと自分の幸せは違うのだから。
お金をたくさん持っていれば幸せだと錯覚している人もいるし、
貧乏でも家族が仲良く助け合い幸せな人はいる。

特に若いうちには「本当の幸せ」が分かりにくいのだと思う。

私も30代前半のころオランダで仕事をしていました。独身だったし、同一賃金同一労働の国にいてたくさんのお給料をもらい日本やアメリカの社会との違いに大きなカルチャーショックを受けた。

そのころロンドンに住む日本人女性の先輩、年頃にして50代はじめの方に「Mさんが幸せを感じるときはどんなときですか?」と質問したことがある。

「普通の生活よ。健康で元気な。」

ちなみに彼女は超高給取りでロンドン郊外に別荘を持っていたり
ロンドン市内には自分のフラット(高級マンション)も持っていて
私は彼女の家に泊まり、こういった選択も私のなかにあるのだなと
思ったりもした。

今、彼女の年に少し近づいてきて、同じことを思う私がいる。

みなさんは何か悩み事はありますか?

悩みって年令や生活環境によって生じるものだと思うのです。

結婚して自分の生活ベースが180度変わったり、入社した会社が
外資だと思って入ったのに実は理不尽な年功序列が残る会社だったり。 働く時間が長く充分な睡眠がなくその状況が果てしなく続く
環境でうつになったり。片道二時間もの満員通勤列車に乗ったり。

景気が良かったころは「仕事ができず避けていた人」も許されて
いました。(まだ実際には大企業にいるのでしょうけど)

今の日本は異常事態、だからこそ、若い人には焦らず自分に
問いかけ続けて欲しい。

そしてどうしても1人では解決ができなそうなら迷わず
Heart Retreatに行って見て下さい!
posted by EV staff at 21:05| Comment(0) | From Tokyo
Powered by さくらのブログ