2009年09月30日

シリコンバレー地区(クパチーノ、サニーベル、サンタクララ)に転校してきた日本の小学生、中学生、高校生のみなさん、そしてご両親へ

みなさん、こんにちは!

イングリッシュビタミン代表で日米異文化コンサルタントの
八巻ルリ子です。

今日はとっても嬉しいことがあったのです!
それは2004年〜2005年にかけてシリコンバレー校で
学ばれていたA姉妹が帰国の挨拶の電話を入れてくれたのです。

2005年には彼女たちはお父さまの仕事の関係で南カリフォルニアに
引っ越されて行き、それからは時折お母さまより近況報告を頂いていました。

jared and Aya studying2005_0228Image0025.JPG

(当時のAさんと担当講師のJ先生。実はJ先生も今年の4月より
日本の大学で教鞭をとっています!!)

姉妹の上のAさんは1年飛び級をして3年でアメリカの高校をこの6月に卒業し現在は都内にある予備校に通われているそうです。
すでに私立の受験は終了し東大、京大、に続く私立の二校に合格したことです。 凄い!

それにもまして喜ばしく頼もしいのは将来自分がなりたい職業を心に決めていることです。

彼女なら日本のため、世界のためにがんばってくれると思うので心強い限りです。

A姉妹にはすばらしいお母さまがいます。芯がとても強くそれでいて愛に満ちあふれているかたです。 そして子供の教育に対し大変戦略的でその時点その時点で子供達に必要な教育や家庭教師を探し子供達の成長をサポートされてきたかたなのです。

そして子供達を愛するがためとても厳しい方でもあるのですがご自身も子供達のためにもの凄く動く方なので子供達も彼女のことは理解をしていたようです。 

ただし子供達が成長するにつれ何度も口論をしたそうです。 なんでもオープンに話せることってすばらしいことなのですよね。とことんまで親子で話せるってステキです。

そんなステキな環境が最後には自分でなんでも決断できる人間をつくるのです。
 
駐在員の子供達は彼らの親の考えに将来をとても左右されます。
日本にいてもそうなのですが、言語も習慣も違う外国に住めば
なおさらです。

小学生3年生以上のお子さんをお持ちの方でシリコンバレーに新任されたかたはぜひ、なるべく早いうちにイングリッシュビタミンに連絡を入れて相談して下さい。

そして個別指導を開始することを心からお薦めします。
新しい生活で最も大切なことは親身になってサポートしてくれるサポーターを探すことです。勉強面でも生活面でも助けてくれる先生を持つことです。

子供は自然に英語を身につけることが出来るなどという妄想は捨てて下さい。

3〜5才児くらいまでならば終日現地のキンダーに入れて数年経て英語が自然に身につくケースもありますが、小学生高学年、中学生、ましては高校生になったらその苦労というのは計り知れない試練が待っています。

もちろん個人差はありますので小学校低学年でアメリカの小学校に入校し10年以上の長期間の駐在を体験する子供達はまた別ですが。

多くの子供達は1年、3年、5年の駐在期間で帰国します。短い時間を有効的に使うには必ずプロの助けが必要です。

A姉妹と出会った時に上の子は中学校に上がる時でした。そして
下の子は5年生になる時でした。新学期に備えて夏休み中毎日猛特訓をしたものです。

私たちイングリッシュビタミンは2002年の秋から(会社化したのは2003年)シリコンバレー地区で多くの日本人駐在員のみなさんとそのご家族をサポートしてきました。

私たちの願いはシリコンバレー地区に住む日本人のみなさんを現地のメインストリームに送り込むことです。そしてアメリカ社会を深く学びその体験を将来日本でそして世界で活かして欲しいのです。

日本が世界から尊敬される国になるために助けとなるのが帰国子女です。日本を愛すると同じくらいに世界をいとおしむグローバル人財に成って欲しいのです。

私たちの言葉を信じぜひ一度ご連絡下さるようにお願い申します。

(株)イングリッシュビタミン
代表・日米異文化コンサルタント
   八巻ルリ子
ruriko@englishvitamin.com

シリコンバレー校:http://www.englishvitamin.com/school/index.html

生徒さんの声、高校生編(東京校・シリコンバレー校):
http://urawa.englishvitamin.com/category/781711-1.html



るりこくみこ@めんろ.JPG
右側が八巻。
左側はアサートンにあるプレップスクール、メンロースクールの
サカモト先生。

プレップスクールとは勉強、スポーツ、芸術などバランスが良い人財を育成する中高一貫の少数制の進学校です。


posted by EV staff at 21:26| Comment(0) | From Tokyo
Powered by さくらのブログ