2009年03月01日

アメリカに住む日本人の就職活動状況

みなさん、こんにちは!

ルリ子です〜

先週からこちらシリコンバレーに来ています。

今日は若いみなさんのために私の友達や知り合いのケースを追いながら「アメリカに住む若い日本人たちの就職活動について」話してみたいと思います。

まずは私の大好きなお友達Sさん。彼女とはシリコンバレーで5年前くらいに出会い、三年前くらいに彼女はニューヨークへ仕事の都合で引っ越しました。

彼女の仕事はCPA(アメリカの公認会計士)でニューヨークでは世界のビック4の一社に勤務していました。

彼女は大学を卒業してから一環して会計士の仕事を続け、日本で
CPAのライセンスを取り、シリコンバレーには企業インターンの
ような形で働いていました。

彼女はとても明るく、元気で仕事もすごく出来る子で、この3月には日本に帰国し今度はビジネスコンサルタントとして働くことに
なっています。

彼女の人生には明るい未来が溢れています。それは彼女が真っ直ぐに自分の信じる道を歩んできたからです。

次に紹介するのはYさんは日本の大学を出てからアメリカで
大学院に行き、メデア関係を学びました。

彼女は良い子なのですが、とっても日本的で、アメリカに住みたい!という気持ちが先にたち業種を問わず日本の企業で働くことに
しました。彼女は今、ロサンジェルスに住んでおり、この不況下の
中、会社を首になってしまいました。

彼女は今月末に日本へ帰国するのですがきっと彼女を待ち受けているのは厳しい環境です。

それは彼女の35才という年令にもかかわらず、コアになる
職業スキル(Sさんのようなプロフェッショナルと呼べるもの)
がないからです。

そしてアメリカに住んでいながら英語も流暢ではなく、アメリカのビジネス文化も身につけていないのです。(彼女のような
日本人は沢山います。日本の企業に勤め殆ど日本語の環境で
働いている人)

次の人は、コンピュターグラフィックスのデザイナーで
こちらの大学にvisiting scholar(客員研究者)で来ている
Aさん。男性です。

彼は日本で美大を卒業し一年程日本で働いた後に
UCLAに来ました。

彼は才能溢れる人で彼の作品は誰の目をも引きます。

英語もプレゼンの力も日本側の企業の代表ならば十分と
言える力です。

しかし、アメリカの企業で働くには英語力が足りません。
それとウエブと作るときのプログラミングの力も足りないと
言われたそうです。

Face Book, Appleなど10社を受けて状況はあまり良くないようです。


きっと好景気の時ならば彼はきっと採用されていたかもしれません。 景気が良いときは企業も採用がしやすいのですから。

私は彼との会合のなかで彼にお願いをしました。

「日本の国益のために戻り日本から海外に進出する企業のウエブをつくるように」と。

日本のサイトと海外のサイトのデザインは全く違います。


日本のサイトは情報がトップページにゴチャゴチャしていて
本当に見にくい。

アメリカのサイトはシンプル。自分がみたいところに行くように
美しくフォー出来るように作られている。

アメリカで現在就職活動をされている皆さんへ私から
少しだけアドバイスさせて下さい。

まずはあなたの将来の道(どの職業につきたいか)を真剣
に考えて下さい。

そしてその道を究めてください。

そうすればアメリカでも日本でも働くチャンスが必ず
あるわけですから。

どうぞ、ただアメリカに残りたいという安易な気持ちだけで
残らないでください。


〜イングリッシュビタミンからのお知らせです〜

〜シリコンバレー校にご興味のある方はこちらをご覧ください!〜http://www.englishvitamin.com/school/index.html

オンラインレッスンをご希望の方はこちらをご覧下さい。
http://www.englishvitamin.com/online/index.html

いずれのレッスンもまずは代表の私との無料カウンセリングから
始ります。安心してご連絡下さい。

ビジネスの経験が豊富で英語の講師としてもプロの弊社の
講師と私が「あなたのためだけのレッスン」をカスタマイズします!


質問等があればどんなことでも代表の私までメールを下さい。
info@englishvitamin.com
八巻ルリ子まで(ヤマキルリコ)


〜イングリッシュビタミン浦和校からのお知らせ〜

2010年春休み・カリフォルニアの名門ハイスクール“メンロースクール”で学ぶ10日間の旅 日程決定!
menlo.jpg

■企画内容
* カリフォルニア名門中高一貫エリート養成校「メンロースクール」で高校生になる
* メンロースクール生徒宅ホームスティ
* 日米異文化コンサルタントが全工程同行の安心プラン
* シリコンバレー企業訪問(グーグル、アップル社予定)
* 世界遺産、ヨセミテ国立公園に滞在
* 渡米前後英語+日米異文化研修3回
* 定員6名までのエスコート留学

メンロースクールは、勉強・スポーツ・芸術などバランスが良い人材を育成する中高一貫の少人数制進学校です。
このような進学校をプレップスクールと呼び、卒業生の多くはハーバード大やスタンフォード大などへ進学しています。

■日程
2010年3月26日(金)〜4月4日(日)10日間

■対象
新高校1年生〜新大学1年生

■定員
6名

■参加費用
319,000円
【費用に含まれるもの】
成田サンフランシスコ往復航空運賃、滞在期間中の移動費、旅行日程中の英語、異文化研修費、アクティビティ費用、宿泊代、添乗員同行の費用、食事代(一部自費)
海外安全対応サービス、燃油サーチャージ

■企画・運営
メンロースクール 日本語科
株式会社イングリッシュビタミン

詳しくはこちらへ:
http://urawa.englishvitamin.com/category/781709-1.html



posted by EV staff at 17:20| Comment(21) | TrackBack(0) | From Silicon Valley
Powered by さくらのブログ